アジア

インドネシア

バリ島のサンセットタイムはスミニャックのビーチ沿いカフェが素敵!

バリ島には、至るところに夕日の名所が存在しています。もっともポピュラーな場所と言えば、タナロット寺院やウルワツ、そしてクタビーチなのではないでしょうか。それぞれの場所にそれぞれの良さがありますが、観光客でごった返した場所が苦手だという方であ...
マレーシア

フルーツに謎の粉!マレーシアの「面白い食習慣」5つ

海外在住5カ国目の筆者ですが、食習慣については、それぞれの国で驚くことがあります。アメリカならドリンクのレギュラーサイズが日本人の2倍の大きさだったり、シンガポールにはカエルを食べるレストランがあったり、またドバイの役所ではお茶の時間になる...
インドネシア

活気と熱気に満ちたバリ島のトラディッショナル市場へ行こう

ラグジュアリーなホテルやビーチクラブでのんびりするのも良いですが、おしゃれなバリ島の裏の顔を覗いてみると、また違った角度からバリ島を楽しむことができるでしょう。もしも、バリで暮らす人々の日常を知りたいと思ったのであれば、トラディッショナル市...
マレーシア

マレーシア観光で「危険な目にあわない」自己防衛術

海外に長く住むと、日本がいかに安全な国かがよく分かります。日本のニュースでは日々犯罪事件を目にしますが、それでも犯罪率として数字で比較すると、マレーシア・クアラルンプールより日本(東京)がはるかに安全であることが浮き彫りになります。マレーシ...
インドネシア

バリ島の空港に到着してから市内へアクセスするまでの流れ

ングラライ国際空港に到着した途端、南国特有の熱風に吹かれ、空港内に満ちたバリ独特の香りに身を包まれたら、楽しいバカンスのはじまりです。 ダイビングやシュノーケリングを楽しむもよし、スパイシーで美味なインドネシア料理に舌鼓を打つもよし、...
マレーシア

「独立記念日」がマレーシアの人々にもたらす思い

去る8月31日は、マレーシアにとって、年で最も重要な日。『Hari Merdeka(ハリ・ムルデカ)と言って、マレーシアの独立記念日。今年は、59回目を迎えました。毎年この日になると、街がざわめき、ムルデカ・スクエアでは盛大なパレード、各地...
インドネシア

欧米人に人気の<エコビーチ>でバケーションを満喫しよう!

海に囲まれたバリ島には、素晴らしい休日を過ごすことができるビーチがたくさん存在します。 マリンスポーツを楽しんだり、美しいサンセットを鑑賞したりなど、思い思いの休日を過ごすことができるビーチは、バリ島でも人気の観光スポットです。 ...
マレーシア

ヒジャビスタがトレンドを作る!ムスリム女性のファッション

マレーシアに住むムスリムの女性は、「ヒジャブ」と言う髪を隠すスカーフを身につけています。“美しいものは、大切だから隠さなければいけない”というイスラムの教えのためです。アラブ諸国と違い、マレーシアではムスリム女性ファッションのバリエーション...
マレーシア

どう選べばいい?マレーシアの生命・医療保険(その2)

前回の記事“どう選べばいい?マレーシアの生命・医療保険(その1)”では、 マレーシアで加入できる保険会社の種類、商品のホームページの分かりやすさ、セールスの方について、実体験を元にお伝えしました。今回は、より具体的な生命・医療保険のプラン...
マレーシア

どう選べばいい?マレーシアの生命・医療保険(その1)

マレーシアでは、国民の56%しか生命保険に加入していないと聞くと驚きませんか?当国プルデンシャル生命のCEO、Philip Seah(フィリップ・シア)氏によると、生命保険市場は2020年迄に加入率75%に拡大を狙う成長市場。 そのため、...
マレーシア

インド、マレー、中華系「結婚式」から見る多民族マレーシア

多民族国家マレーシアは、ウェディングも民族により様々。中華系、マレー系、インド系と、結婚式にまつわる風習がそれぞれ異なっていて、興味深いです。結婚式にたどり着くまで新郎に関門が待ち受ける中華系、新郎新婦が豪華なカウチソファーに座ってお披露目...
マレーシア

お花見にカプセルホテル⁈ マレーシアでできる意外なこと4選

マレーシアには、実は桜が咲く名所があるとご存知でしたか?正確には、桜にかなり似た木ですが、日本と同じようにローカルの人々は春の桜の季節を楽しみにしています。それだけではありません。蛍が見られたり、サーフィンができたり、映画『ホビット』シリー...
マレーシア

こんな楽しみ方もあった!子連れクアラルンプール観光3選

暖かい気候やチャイルドフレンドリーな環境から、子ども連れでも観光がしやすいマレーシア。 トロピカルな国特有の自然を感じるアクティビティから、雨が降っても楽しめるインドアなアクティビティまで、選択肢が多いのが嬉しいところ。 中でもガイドブ...
マレーシア

マレーシアで家探し!運命の物件に出会う「効率的な」方法

海外に移住して最初の関門は、家探し! 土地勘がないと、手探りの作業となり時間と労力を使います。 マレーシア移住の場合、駐在・親子留学・定年後移住と様々なケースがあります。どの場合も1日〜1週間と限られた期間で探すことが多いため、短期間...
マレーシア

人もあったかマレーシア!観光でもローカルと触れ合える方法

「不便さは嫌。でも洗練されすぎているのも、味気ない。」という欲張りな旅人は、マレーシアに行くべき!東南アジアの生活・産業発展水準ランキングでは、トップがシンガポール、3番目がインドネシアで、中間がマレーシア。観光や生活に不便がない程度に開発...
タイトルとURLをコピーしました