ローマ

ローマ

ローマの新名所!老舗デパートリナシェンテが新装オープン

街中が世界遺産の街ローマは建築の規制が厳しくて、新しい建物を建てることができません。そのため市中心部は、今でもほとんどが小規模なお店で、デパートやショッピングセンターがないことも特徴です。ローマのコルソ通りの真ん中にあったイタリアの老舗デパ...
ローマ

イタリアを自由自在にドライブする快適な旅行がしてみたい!

日本と違って、鉄道の路線や便数が少なく、しかも時間通りに運行しない国イタリアでは、少し郊外の街へ自分で行こうと思うと、かなりの時間のロスを覚悟しなければいけません。もし、運転に自信があるのなら、国外免許を取得してみませんか?レンタカーを利用...
ローマ

冬の間のお楽しみ!夜のイルミネーションを楽しむナイトツアー

意外にも日本の北海道と同じくらいという高い緯度に位置するローマ。サマータイムが終わって11月になると、夕方17時頃になるとかなり薄暗くなります。そのためかなり早い時間から、観光スポットが美しくライトアップされた様子をみることができます。夕食...
ローマ

イタリアで生活するには車が欠かせない!現地で免許を取る秘伝

イタリアに実際に住んでみると、完全な車社会であることに気が付くでしょう。特にローマは、遺跡がたくさんあるので地下鉄の本数も少ないうえに、電車やバスなどの公共交通機関がうまく機能しないので、自衛手段としても車が欠かせないのです。でも、イタリア...
ローマ

ひとつひとつの橋にも歴史がある!テヴェレ川とローマの橋散策

永遠の都ローマを流れるテヴェレ川。古代ローマの時代から、交通の行き来をスムーズにするために橋が架けられてきました。単に橋と言っても、普通の橋ではありません。今でも残る2000年前の橋、バロック時代にベルニーニの彫刻を施した橋、イタリア王国時...
ローマ

香水はイタリア人の身だしなみ!香りのレッスンしてみましょう。

イタリアの町を歩いていると、すれ違う人からいい香りがすることがよくあります。イタリア人は、一般に香水が大好きで、身だしなみの一部として考えられています。香水は、お風呂にあまり入らない欧米人がきつい体臭を隠すためにつけていたと聞いた覚えがある...
ローマ

イタリアの銀行口座に手数料がかかる?イタリアの銀行に関する現地情報

イタリアを旅行するには必要ありませんが、留学したり就職などでイタリアで生活をする場合に、あると便利なのが銀行口座。ところが、イタリアの銀行は、口座を持っているだけで維持費がかかったり、手続きがややこしかったりして、日本で口座を作るようにはい...
ローマ

イタリアで携帯電話を契約する方法

おしゃべりが大好きなイタリア人。どこにいっても、あちこちで電話をしている姿を多く見かけます。携帯電話はイタリア人にとってなくてはならない大切なもの。大手の携帯電話は、次々に新しいキャンペーン料金を打ち出し、顧客の獲得に必死です。イタリアの携...
ローマ

イタリアではジプシーに要注意!被害に遭わないようにジプシー現地情報

イタリアへ旅行するというと必ず言われるのが「泥棒に気を付けろ!」 たしかに、イタリア旅行で残念ながらスリにあったという話はよく聞きます。でも実際に泥棒をしているのはイタリア人ではなく、ほとんどが移民の外国人であり、特にジプシーのスリの...
ローマ

カトリック教徒のイタリア人にとって人生で大切な5つの教会儀式とは?

イタリアといえばキリスト教、というイメージがありますが、実は2016年の世論調査によるとカトリック教徒は66.7%。わずか10年前には87.8%だったのですから、カトリック信者の数は少なくなっている傾向にあります。しかし、キリスト教の長い伝...
ローマ

イタリア旅行中の医療事情!病院や薬局に行かなければならなくなったら?

旅行中で一番困るのは、体調不良。もしイタリア滞在中に、思いがけない病気や事故などのトラブルにあってしまった場合に役立つのが海外旅行傷害保険です。安全に旅行を楽しむために、万が一を考えて、必ず出発前に準備をすることが必要です。イタリア旅行には...
ローマ

修道院がルーツ!イタリアで本格的オーガニックコスメを試してみよう

人気のオーガニックコスメ。体に優しい自然な材料から作られたオーガニックコスメは、体の外だけではなく、心の中まで癒してくれるところが人気の秘密。それもそのはず、実はオーガニックコスメのルーツはイタリアなのです。キリスト教の国イタリアでは、中世...
ローマ

必見!ローマを代表する光と色の芸術モザイクを堪能しよう

ローマで観光していると、古代ローマの遺跡でも教会でも美しく飾られていたモザイク芸術を見ることができます。小さな破片をひとつひとつ組み合わせて作る豪華なモザイク細工はローマを代表する美術のひとつです。ローマ皇帝の宮殿やテルマエロマエの床に描か...
ローマ

イタリアの美しい文化遺産を守りたい!イタリア環境基金の活動

世界遺産が世界で一番多いほど、歴史的な建造物であふれている国イタリアでは、残念ながら、全ての文化遺産をきちんと保護することが難しいのが現状です。せっかくの貴重な文化遺産を保護するために、イギリスのナショナルトラストを手本として1975年に結...
ローマ

ローマで本場のサッカーセリエAの試合を観戦する方法!

サッカーの試合に熱狂的な盛り上がりをみせるイタリア人。イタリア語ではサッカーはカルチョと呼ばれ、試合のあった翌日にはカルチョの話題で盛り上がります。 ローマには、ASローマとSSラツィオという二つのチームがあり、どちらもスタディオ・オリン...
ローマ

落書き?現代アート?ローマの天井のない美術館、ストリートアートを見に行こう!

世界遺産の街ローマは、もったいないことに、いたるところに落書きがあふれています。何年も前から、問題になっていて、罰金などもきびしく決められているにも関わらず、落書きは後を絶ちません。 最近では、落書きではないグラフィックアートを、街の中に...
ローマ

アリとキリギリスの寓話は通用しない!のんびりと過ごすのがイタリア流バカンス

日本人とイタリア人の暮らし方の大きな違いのひとつは、バカンスの過ごし方です。バカンスという言葉が、無を意味する言葉から来ているように、普段の忙しい暮らしから離れて、ゆっくり過ごすのがバカンスの基本です。 子供のときから3カ月もの長い夏休み...
ローマ

イタリア人にもラーメンブーム!ラーメンや餃子が恋しくなっても大丈夫

いくらイタリアンが美味しいといっても、ときどき無性に恋しくなる日本の料理。しかも、お寿司や刺身よりも、食べなれたいつものB級グルメ、ラーメンや餃子。駐在員が多いミラノならまだしも、これまでローマでラーメンといえば、中華料理レストランで食べる...
ローマ

必見!イタリアでショッピングを楽しむために知っておきたい買い物マナー

カラフルな色使いで斬新なデザインの商品がたくさん見つかるイタリアは、買い物に最適なファッションの国です。しかも、職人の手作りの伝統があるので、品質は保証済みなのも嬉しいところです。 ところが実際に買い物となると、日本とイタリアではマナーが...
ローマ

コーヒーの割り勘はNG!イタリア人の金銭感覚はどんぶり勘定

イタリアでは、しょっちゅう連れ立ってコーヒーを飲みに行く機会があります。ところが、エスプレッソコーヒーの割り勘をしないのがイタリア人。毎回顔ぶれが違うので、不公平だとは思わないのがイタリア人。どうやら、日本人に比べてかなり大雑把な金銭感覚を...
ローマ

ローマのランドマーク!ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

ローマの旧市街地のちょうど真ん中にあるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂。特に頂上にある勝利の女神が率いるブロンズの騎馬像は、ローマ中心地のどこからでもよく見え、まさしくローマのランドマークです。 真っ白な大理石が美しく、近くで見ると...
ローマ

コロッセオまで一直線!皇帝の夢の跡フォーリ・インペリアーレ!

ローマの中心ヴェネツィア広場からコロッセオに向かって一直線に伸びるフォーリ・インペリアーレ通り。両側に、皇帝たちが権威を誇って築いたフォロの跡が並ぶファシズムの時代の名残の広い道路。 現在この通りはバスなど公共車両以外通行禁止ですが、さら...
ローマ

スリル満点?古代ローマ人の地下の迷宮墓地カタコンベを見学!

たくさんの建物が立ち並び、多くの人や車が行きかうローマの街の地下には、今でもカタコンベと呼ばれる古代ローマ時代の共同墓地が広がっています 現代のような重機のない時代に掘ったとは思えないほど、地下深く何層にも重なって、迷路のように曲がりくね...
ローマ

すべての道はローマに通ず!アッピア旧街道で古代ローマを体感しよう

2000年以上も前に造られたアッピア街道は、古代の道とは思えないほど道幅が広く、まっすぐ延びています。世界で最初に舗装された道路は現在でも当時の石畳が残り、古代の風情がたっぷりです。ローマ独特の形をした唐傘松の並木も素敵です。 アッピア街...
ローマ

必見!フィレンツェメディチ家の愛したピッティ宮殿と広大なボーボリ公園

フィレンツェの観光名所ピッティ宮殿は、最初の所有者ピッティ家の名まえが残っていますが、16世紀後半よりトスカーナ大公国の王宮として、メディチ家をはじめイタリア王サヴォイア家などが暮らした由緒ある建物です。 ここにはラファエロを始め、ティッ...
ローマ

ローマで美味しいレストランを楽しむ

旅行中その土地をよく知るためには観光地巡りだけではなく、その土地の食事をすることが大切です。食事にはその国々特有の歴史や地理、文化、そして国民性までが反映されているからです。特に食に対してこだわりの強いイタリアに来たのなら、絶対おいしい食事...
ローマ

レストランで食べたいローマの名物料理が知りたい!

南北に細長いイタリア半島では、気候風土が場所によって全く異なります。お国自慢の強いイタリア人はそれぞれの地方ごとの伝統的な名物料理を大切に守り続けているので、一口にイタリア料理と言っても地方によってそれぞれの特色を反映しているのでバラエティ...
ローマ

イタリアにもマクドナルドがあるの?ファーストフード事情

食文化を大切にするイタリアは、かつてマクドナルドのイタリア進出をめぐって反対運動がおきました。「街並みの景観を損なわない」ようにという条件のもとに最終的にはイタリア側も受け入れたので、マクドナルドとは思えない目立たない地味な外観をしています...
ローマ

古代ローマ世界の中心だったフォロ・ロマーノを歩いてみよう!

世界に冠たるコロッセオを訪ねたなら、絶対に見逃せないのが隣接しているフォロ・ロマーノとです。フォロ・ロマーノのフォーロは「フォーラム」という言葉の語源であるように、古代ローマ時代には市民の集会や裁判、政治的な活動の場、そして経済の中心として...
ローマ

イタリアでカーニヴァルを楽しもう!

一年中で最も寒い時期、2月から3月にかけてイタリアではカーニヴァル(CARNEVALE、カルネヴァーレ)が繰り広げられます。カーニヴァルといってもブラジルのリオのカーニヴァルの派手なパレードとは違い、ルネッサンス時代へタイムスリップしたかの...
ローマ

ローマで過ごすクリスマス

カトリック教会の総本山であるローマは、実際のクリスマス(NATALE、ナターレ)よりもかなり早く、11月も末頃から商店街でクリスマスの飾り付けが始まります。美しい光が輝くローマの街はこの時期独特の華やかな雰囲気です。実際の本場のクリスマスは...
ローマ

古代ローマを最も今に伝える美しい建造物、パンテオン

ローマの古代歴史中心地区の中に佇むパンテオン(PANTHEON)。一般車が通れない迷路のような細い道を歩いていくと突如として古代のままの姿が現れてきます。形状、大きさ、建築技術、そのすべての類まれな水準は、2000年の間見る人々を感動させて...
ローマ

ローマの名物?オベリスク

ローマの代表的な教会のある大きな広場では、必ずと言っていいほどオベリスク(OBELISCO、オベリスコ)がそびえ立っています。オベリスクとは古代エジプトで不滅の太陽神の象徴として神殿の前に飾られていた細長い四角柱のことです。完全な形で現存す...
ローマ

イタリアローマの水道水は飲めないの?軟水はNATURALE(ナチュラーレ)・LISCIA(リッシャ)を選べば安全

普段意識していないけれど、日本の水は軟水と言う口当たりの優しい飲みやすい水です。 一方、イタリアなどヨーロッパは水は硬水という種類で、日本と水の種類が違います。また、日本と違いレストランやバールで水は有料です。 しかも、イタリア...
ローマ

ローマで日本食が恋しくなったら?

数年ほど前まではイタリア人ほど食に保守的な民族はいないと思っていたけれど、ここ10年くらいですっかり様変わりして、ローマでもなかなか美味しい日本食(CUCINA GIAPPONESE、クチーナ・ジャッポネーゼ)を比較的容易に食べることができ...
ローマ

イタリアのお米に挑戦!

イタリアの食べ物といって思い出すのはピザやパスタといった粉ものだけど、実は、お米の種類のバラエティもさることながら、お米の料理だってリゾットをはじめとしてお米のコロッケやサラダ、そしてデザートまで様々なイタリア料理のお米のレシピがあるのです...
ローマ

ローマのシンボル、世界遺産のコロッセオを見に行こう!

歴史的中心地区全体が世界遺産のローマの観光スポットで、なんといっても一番の目玉はコロッセオ!テレビや写真で世界的に有名な歴史的建造物ですが、実際の3 Dの大迫力にはかないません。8世紀にすでに「コロッセオが倒れるとき、ローマが滅びる。ローマ...
ローマ

今さら聞けない知っておきたい古代ローマの歴史散歩3

2000年近くたった今日でも、驚くばかりの古代ローマ帝国(紀元前27年~紀元後476年)の偉業。1世紀のトライヤヌス帝時代に最大領土を誇り、北は現在のイギリスから南はアフリカ北岸一帯、西はスペイン、東はトルコやシリアにまで及ぶ広大な土地を支...
ローマ

今さら聞けない知っておきたい古代ローマの歴史散歩2

21世紀のローマには、約2000年以上前の共和政時代のローマの遺跡が数多く残っています。エトルリア人の王様を追放し共和制を獲得したローマ。テヴェレ川の近郊から徐々に勢力をのばし、地中海にまで進出してメトロポリスとなっていくドラマチックな時代...
ローマ

今さら聞けない知っておきたい古代ローマの歴史散歩1

21世紀のイタリアを旅行していても、国中いたるところに痕跡をとどめる古代ローマの足跡。ヨーロッパの人々には常識であり「古代ローマ史」は、私たち日本人にとってあまりなじみのないために、現地で説明を聞いても、あまり理解ができないことも残念ながら...
タイトルとURLをコピーしました