イタリアのこだわり食材を探すなら、絶対行きたい食材店

スポンサード・リンク



日本でもすっかりイタリア料理の人気が定着し、何でも簡単に手に入るようになりましたが、せっかくイタリアに行ったなら、本場ならではのイタリア食材を試してみませんか?ローマでこだわりの食材を集めたお店といえば、イタリアのみならず、世界中に展開している食のデパート「イータリー(EATALY)」。そして、1932年創業の「カストローニ(CASTRONI)」は、食材の種類の豊富さで、昔からローマっ子の間で定番の食材店です。イータリーは2店舗、カストローニは12店舗、ローマ市内に展開しているので、ぜひ、気軽に足を運んでみてください。

イタリアの食の宝庫、「イータリー、オスティエンセ店」

 

「イータリー(EATALY)」という名称は、英語の「EAT(イート)」という「食べる」を意味する言葉と、英語でイタリアを表す言葉、「ITALY(イータリー)」を組み合わせて生まれた言葉ですが、実際には、「イータリー」は、単純にイタリア食材を食べる、ということだけを意味するのではないのです。

イタリア人にとってテーブルを囲むというスタイルが、地中海の素晴らしい農産物を食べるということだけではなく、イタリアの長い歴史や伝統に培われた食文化、特に、もともとは農民の素朴な貧しい食事だった料理を再現することも目的としています。また、トマトやトウモロコシといった、アメリカ大陸をはじめとする外国からの食材が、イタリア料理に融合して新たな食文化を培ってきた、という外国由来の食材をも含めた幅広い意味での「イタリア食材」を扱うことが、お店のポリシーなのです。

イータリーには、高品質な食材がそろっていますが、特に普通のお店では見つからない小規模な生産者が作っている良質な食材も、手に入れることができます。本や雑誌で紹介されているような珍しい食材も、良質な商品であれば、イータリーに行くと見つかる、というほど、食にこだわりのある人には、便利なお店です。

広い店内には、有名な乾燥パスタのGRAGNANOから、ピエモンテ州の卵で作った手打ちパスタ、リグーリアのオリーブオイル、ピエモンテ州の牛肉、天然酵母で作られたこだわりのパン、有機農業の新鮮な野菜やくだものまで、なんでも豊富にそろっています。生ハムが天井からつりさげられたサラミやハムを扱うコーナーは必見ですし、チーズ類に関しても、イタリー店内で作られるモッツァレッラチーズは、ローマっ子の間でも評判を呼んでいます。

また、イータリー内部にあるビール工房で作られた新鮮地ビールは、他では味わえないこだわりの生ビールが楽しめます。ワインバーや、その場で揚げてくれるカリカリのフライ専門店など、人気のレストランが20店舗も入っているので、どこに入るか迷ってしまいます。

食にこだわる、という観点から、定期的に、料理教室、お菓子作り教室、ワインの試飲コース、スローフード協会と連帯した料理教室、子供のための料理コースなどなど、種類豊富な食の教室も開いていますが、すぐに定員が一杯になってしまうコースも多数あるので、興味のある方は事前に予約が必要です。

2007年にトリノでスタートしたイータリーは、現在、ローマでは2店舗、最近ではフィレンツェの中央市場(MERCATO DI SAN LORENZO)にもオープンし、話題を呼んでいます。そのほか、ニューヨーク、シカゴ、サンパウロ、ミュンヘン、イスタンブール、ドゥバイ、韓国と世界中にも展開して、日本では三越日本橋店、横浜ポルタなどにもありますが、規模の点から行って、このローマのイターリー・オスティエンセ店は別格の最大規模です。3階建てで売り場面積は、なんと16,000㎡もあるので、時間に余裕を持って出かけましょう。

もともと1992年のサッカーヨーロッパ杯の時に、空港からローマ市内までを繋ぐエアーターミナルとして建てられた建物を利用していた独特な空間です。イタリア国鉄のオスティエンセ駅(OSTIENSE)、また、その先の地下鉄B線のピラミデ駅(PIRAMIDE)にも直結しているので、お値段は高めですが、食にこだわる人は、足を運ぶ価値があります。

http://www.eataly.net/it_en/shops/rome

テルミニ駅にも近くて便利な「イータリー、共和国広場店」

 

オスティエンセ駅に続いて、イータリーの2号店が、地下鉄A線の共和国広場駅(REPUBBLICA)にオープンしました。店舗の規模は小さいのですが、オリーブオイル、ワインをはじめ、充実した高品質の商品が、厳選されています。

特にうれしいのは、コンビニのないイタリアで、朝8時から夜中の12時まで営業している点です。テルミニ駅からも歩いて10分程度なので、便利に使えます。

内部には、こだわりのピザ屋が入っていて、粉の種類が小麦アレルギーの方用に選べるようになっています。北イタリアの美味しい牛肉のステーキ屋や、バル、テイクアウト用のデリなどもあります。

世界各国のこだわりの食材店「カストローニ」

 

 

1932年に、ヴァチカンにほど近いコッラ・ディ・リエンツォ通りにオープンした90㎡の家族経営の小さなお店だったのですが、60年代には、ローマで唯一外国の食材が豊富にそろう大使館や領事館の御用達として、ローマっ子の間で評判になったお店。

ここには、日本のお米、お醤油、海苔などをはじめとして、お箸やお茶椀、土鍋まで、日本に関する美味しい食材を探す時には最適です。もちろん、世界各国のこだわりの食材を始め、オリーブオイル、ワイン、チョコレート、イタリアのお菓子などなど、イタリアの食材もそろっています。

どの店舗も、内部にバルを設置していて、カストローニ独自のコーヒー豆のいい匂いがいつも漂っているところもうれしいところです。

現在、13店舗もあるお店は、創業者から4代目までの家族で経営されているという、極めてイタリアの伝統的なお店のスタイルを守っています。

おすすめは本店、コッラ・ディ・リエンツォ店で、400㎡を誇る店内は、見てるだけでも楽しくなります。また、ナツィオナーレ通り、フラッティーナ通り店、オッタヴィアーノ店も観光の途中に立ち寄れて、便利です。

http://castronicoladirienzo.com

 

お店のデータ

「イータリー、オスティエンセ店(EATALY A OSTIENSE)」

PIAZZALE XII OTTOBRE 1492

06-90279201

営業時間:10.00~0.00

定休日:なし

 

「イータリー、共和国店(EATALY A REPUBBLICA)」

PIAZZA DELLA REPUBBLICA、41

06-4550-9130

営業時間:8.00~0.00

定休日:なし

 

「カストローニ(CASTRONI)、コラ・ディ・リエンツォ店(COLA DI RIENZO)」

VIA COLA DI RIENZO、196

06-6874-383

営業時間:9.00~13.00、15.30~20.00

定休日:日曜

 

「カストローニ(CASTRONI)、ナツィオナーレ通り店(VIA NAZIONALE)」

VIA NAZIONALE、71

06-4898-7474

営業時間:9.00~13.00、15.30~20.00

定休日:日曜

スポンサード・リンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください