あべのハルカスのフロア配分と大阪マリオット都ホテルの57階「ZK(ジーケー)」の和食ランチ

大阪

2014年3月、JR天王寺駅の真ん前にオープンした、あべのハルカス

地上60階と、日本一の高さを誇るビルとして、新しい大阪のランドマークとなっています。

百貨店やオフィスなどが入った複合施設で、次のようなフロア配分となっています。

あべのハルカス フロアガイド

  • 地下2階~14階・・・あべのハルカス近鉄本店

以前より「あべの近鉄(地元ではあべきん)」として親しまれてきましたが、あべのハルカス誕生とともに生まれ変わりました。売り場面積10万平米を誇る規模。大阪ならでは、デパ地下やレストランフロアなど、食の充実は従来のまま。タワー館とウイング館の2本立てで、一日中ショッピングを楽しめますよ。また、両館8階には、子供服をはじめ絵本や鉄道模型など、お子さんと一緒に楽しめる「kodomoの街」が誕生しています。

  • 16階 あべのハルカス美術館

「あらゆるアートを、あらゆる人に。」をキャッチフレーズに、誰もが気軽に芸術に触れ合い、楽しめるよう、設立された都市型美術館です。東洋・西洋・現代アート、様々なジャンルの展覧会が開催されています。ハルカス300とのセットチケットがお得です。

 

  • 17階~18階、21階~36階 オフィスフロア

医療施設、保育園などが完備されたオフィスフロアには、大企業や大学のサテライトキャンパスが入居しています。

  • 19階~20階、38~57階 大阪マリオット都ホテル

マリオットとしては関西初。都ホテルとのダブルブランドで開業した、ラグジュアリーなホテルです。360室の客室は全高層階となり、絶景を楽しめます。クラブフロアに宿泊されると、もれなく開放感あふれるクラブラウンジを利用できます。

 

  • 58階~60階 ハルカス300

3階層構造の展望台です。快晴の日には六甲山、明石海峡大橋、淡路島、生駒山、関西国際空港までもが見渡せる、大パノラマを楽しめます。

入場料(当日券)は、大人 1,500円、中高生 1,200円、小学生 700円、幼児 500円

当日券以外にも、日時指定券があります。当日券よりも500円ほど高いものの、事前予約が可能です。オープン当時と比較して、さほどの混雑は見られませんが、前後の予定が決まっている場合は、事前予約がベターですね。

 

ハルカス300展望台へ

さて、いよいよ展望台ハルカス300に向かいます。まずはハルカスシャトルエレベーターで16階へ。そして、展望台行きシャトルエレベータに乗換え。なんと分速360mで、16階から60階までを直通で約50秒で結びます。シースルータイプのエレベータですが、シャフト内にはLED照明の美しいイルミネーションが。眺めている間に、あっという間の到着です。

 

60階の展望台は、想像通り広々としており、東西南北すべてが見渡せる大パノラマとなっています。太陽に近く、まさに天空にいるよう。足元はガラス張りになっていて、高所恐怖症の方は驚かれるかも。

南側と北側の風景です。

お天気はよかったのですが、あいにく六甲山まで見渡せるほどの快晴ではありませんでした。

ですが、大阪城は肉眼でも確認でき、存分にダイナミックな景色を堪能することができました。

雨の日は「レイニーアート」と称して、展望台の窓ガラスに絵を描くことができるように工夫されています。

 

エスカレーターでショップフロアの59階へあべのハルカスのメインキャラクター「あべのべあ」のかわいいグッズがたくさん。

58階は、大きな広場になっています。

定期的にスタッフによるガイドサービスが行われていました。「今から、北側の景色についてご案内します」とのお声がけがあり、

SKY GARDEN 300では、気軽にランチやカフェが楽しめます。

 

パノラマを楽しめる豪華ランチ

さてそろそろお食事タイムです。今回は、大阪マリオット都ホテルの57階「ZK(ジーケー)」の、和食ランチをご紹介します。

「ZK」は、西洋料理、和食、鉄板焼きを選べる、ホテルのメインレストラン。

19階のフロントに上がり、さらに19階からホテル専用のエレベーターを使用します。

 

土日限定の「彩-sai-」をいただきます。

懐石風スタイルで、少量ながらも一品一品、凝ったお料理です。

お刺身、白和え、菊菜のあんかけ、えびの含め煮など、素材を活かした丁寧な味付けです。

 

飯ものでは、お寿司盛り合わせに、ミニミニいくら丼、こちらに赤だしがつきます。

女性を意識しているのでしょうか。シャリは小さく、食べやすいサイズなのが嬉しいですね。

無花果のコンポートデザートにぴったり。

大パノラマはそっちのけで、お料理に熱中してしまいます。また、日本酒の種類が豊富で、季節のお料理に合うものをおすすめ下さいます。

 

余裕をもった計画と事前調査を

ハルカス300(展望台)に行く場合、平日であれば当日券でまず大丈夫でしょう。土日は多少混み合いますが、少し待てば当日券でも問題なく展望台に行けるようになってきています。ですが、繁忙期はチケットカウンターで行列が見られることが多いとのこと。エレベーターでの混雑も予想されます。

限られた時間で楽しみたい場合は、日時指定券を事前に入手しておくと便利です。日時指定券は、ハルカス2階の「ハルカス300ご案内カウンター」をはじめ、インターネット、ファミリーマートでも購入が可能ですよ。

 

ハルカス内で待ち合わせをする場合は、エレベーターの所要時間を考慮して、10分ほど前に目的地に着くよう動くとよいでしょう。待ち合わせには、16階の庭園がおススメです。エレベーターの乗換えを制覇して、日本が誇る超高層ビルを満喫して下さいね。

 

今回の訪問は昼間でしたが、晴れの日の夕景や夜景は、また絶景とのこと。大切な人と楽しみたいですね。お食事の場所も、美味しくて素敵なお店がたくさんあります。あらかじめ決めておくとスムーズですよ。

 

天王寺動物園やじゃんじゃん横丁など、観光スポットにも、歩いてすぐ。天王寺・あべのは1日では回り切れない街になりました。

 

あべのハルカス

〒545-6016 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

営業案内|ハルカス300(展望台)|あべのハルカス
あべのハルカスの展望台「ハルカス300(展望台)」、2014年春OPEN。地上300m日本一の超高層ビル「あべのハルカス」公式サイト。

コメント

タイトルとURLをコピーしました