セーヌ川クルーズでパリを楽しもう!おすすめの時間やディナーの値段も解説

スポンサード・リンク



パリに来たのなら、一度体験していただきたいのがセーヌ川クルーズです。

先日、パリ在住7年目にして、初めてセーヌ川クルーズを体験しました。セーヌ川から眺めるパリの風景に改めてうっとり。

ここまでパリの魅力をたっぷり堪能できるなんて思いもしませんでした。興奮も冷めやらぬうちに、セーヌ川クルーズの魅力をお伝えします。

セーヌ川のクルーズ

セーヌ川クルーズはいくつかの会社が運行しています。各遊覧船をご紹介。

Bateaux Mouches/バトー・ムーシュ

Bateaux Mouches/バトー・ムーシュはセーヌ川クルーズの元祖。乗船場はアルマ橋の右岸にあります。

プロムナードクルーズで13.50€とセーヌ川クルーズの中では一番お得。毎日、10:15-22:30の20〜40分おきに運行しています。

・Bateaux Parisiens/バトー・パリジャン

エッフェル塔のすぐ側から出発するのがBateaux Parisiens/バトー・パリジャン。

エッフェル塔観光に合わせてセーヌ川クルーズをするのには、かなり便利な位置にあります。

乗船場はイエナ橋の左岸にあります。プロムナードクルーズで、15€。毎日10:00-22:30の30分〜1時間おきに運行しています。

 

Vedettes de Paris/ヴデェト・ド・パリ

優雅に朝食を取りながらセーヌ川クルーズをすることができるのが、Vedettes de Paris/ヴデェト・ド・パリ

乗船場はエッフェル塔の近くPort de Suffrenにあります。朝食付きクルーズで18€。毎日10:30-23:30の20分〜45分おきに運行しています。

この他にクルーズではありませんが、セーヌ川には水上バスというのもあります。

エッフェル塔やノートルダム大聖堂など、セーヌ川沿いの観光スポットが止まるようになっています。

 

セーヌ川クルーズをレポート

ここからは実際筆者が乗ったセーヌ川クルーズのレポートをしたいと思います。

今回筆者はBateaux Mouches/バトー・ムーシュを利用しました。チケットはインターネットで予約はせず現地で購入。

この遊覧船に乗ったのが、一年の中でも観光客が少ない11月だったので、直接チケット売り場ですんなりと購入することができました。

夏は観光客も多いので、やはりインターネットで先に購入しておくのことをオススメします。

ちょうど前の船が出た時にチケットを購入したので、40分ほど待ちました。

Bateaux Mouchesの乗船場には、売店や寒い方が温まれるようにと暖房付きのスペースがあります。

寒い冬にセーヌ川クルーズをされる方はこちらで待たれるのがいいかと思います。冬のセーヌ川沿いは想像よりかなり冷えるからです。セーヌ川クルーズをする前に体力を温存しておきましょう。

Bateaux Mouchesにはオープンエアの2階席があるのが特徴。この日は5度を切る寒さでしたが、大半の人がこのオープンエアの席に座っていました。

ガラス越しに見るパリの景色ではなく、やはり直接目に焼き付けておきたいのでしょう。凍えるような寒さに震えながらも、いざ出発。

Bateaux Mouchesはまず、アレクサンドル3世橋の下を通り、船は進みます。

オルセー美術館やグランパレなど、パリお馴染みの風景が目に入ります。そしてポン・ヌフを潜り抜けるあたりから、日が暮れてきました。橋もライトアップされ、その下を通るのは、圧巻でした。

そして船は見所の一つである、ノートルダム大聖堂の横を通ります。

セーヌ川から眺めるノートルダム大聖堂は地上から見る違った美しさを感じることができます。そして、シテ島を通り過ぎ、少し行ったところで船はUターンをします。

もうその頃にはすっかり夜の空になりました。パリの街灯がゆらゆらとセーヌ川に映ります。

心にいつまでも浸っておきたいロマンチックな風景。昼間うるさく感じるパリの車も、この時ばかりは車のライトがセーヌ川を彩ります。

そしてセーヌ川クルーズの一番の見所、エッフェル塔が現れてきました。

船に乗っている観光客は皆総立ちで写真を取り始めます。特に夜ライトアップされたエッフェル塔の景色は格別。眩いばかりの景色に、言葉を失いながら、誰もがエッフェル塔に見とれてしまいます。

船はエッフェル塔を少し行ったところで再びUターンをして、乗船場に戻ってきました。

これで1時間10分のセーヌ川クルーズは終了です。寒さに凍えそうになりながらも、美しいパリの景色を見れて心はすっかり満足しました。

セーヌ川クルーズでディナーを

セーヌ川クルーズでディナーをしてみることもオススメです。

パリの美しい夜景の中でディナーをするのは特別なこと。料金は各会社、90€前後から。

パリ観光でロマンチックな夜を過ごしたい方は利用して見るのもいいかと思います。一生の思い出になる特別な夜を過ごすことができますよ。

 

セーヌ川クルーズのオススメの時間帯は ?

セーヌ川クルーズですが、どの時間帯に乗るのがいいのでしょうか。

夏の暑い日なんかは夕涼みを兼ねて、日が暮れる21時以降に乗るのがオススメ。夕日の中を行くセーヌ川クルーズでは圧巻の景色を見ることができます。

それ以外の時期は、寒いのが難点ですが、17時前後がオススメです。やはり、セーヌ川クルーズでは夜のパリを見ていただきたいものです。

冬はピンと張りつめた冬の空気の中で船は進みます。そんな空気の中で現れるパリは特別な美しさがあります。寒いのを我慢する価値はあるほどの絶景です。

セーヌ川のクルーズはパリの定番の観光ですが、多くの人が利用するのがわかるほど、特別なものです。

パリを訪れる際は一度はセーヌ川クルーズで、パリの景色を心に焼き付けて下さい。

スポンサード・リンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください