幻想的なハルの森に行ってみよう!

スポンサード・リンク



ブリュッセル近郊に、まるでおとぎ話のような幻想的な風景が広がる森があることをご存知でしょうか。春になるとブルーベルという小さな青紫の花が咲き、森一面にまるで絨毯をしいたかのような美しい風景が現れます。ハイキングもでき、街中の喧噪から離れて少し息抜きをするのにぴったりなハルの森。今回は見所、公共交通機関でのアクセス方法等を説明します。

 

基本情報

Hallerbos ハルの森 

住所:Vlasmarktdreef 4 1500 Halle

HP:https://www.hallerbos.be/en/

アクセス方法~ハル駅へ行こう~

 

車だとカーナビに住所を入力すればOKですが公共交通機関で行く場合は調べないといけないですよね。ハルの森は車で行く人が多いためか、公共交通機関で行く方法はあまり知られてないように思います。そのためアクセスを調べるのが面倒で、敬遠している人もいるのではないでしょうか。今回は公共交通機関での行き方を中心にまとめてみました。

まず、森がある町ハル(Halle/Hal)駅に向かいます。ブリュッセル駅からハル駅へはベルギー国鉄を使います。毎時複数本走っています。色々な行き先の電車がハル駅を通るため、電車の最終地はハルではないのでお気をつけ下さい。ICでDoornik/Tournai、Quievrain、Binche、Kortrijk/Courtrai、Aat/Ath、S2のS Gravenbrakel/Braine-Le-Comte、S6のDenderleeuwなどが最終目的地の電車はハル駅に停車します。所要時間はブリュッセル中央駅から約15分です。

地名が2つ記載があるものはオランダ語/フランス語の表記です。ひとつしか記載がないものは両方同じです。オランダ語とフランス語で地名が似ていればいいのですが、かなり違うものあるので難しく感じますよね。不安な人はチケットを買う際に駅員さんに次のハル行きの電車を教えてもらうといいと思います。

帰りの電車は、ICでSint-Niklaas/Sint-Nicolas、Brussels Airport-Zaventem、Turnhout、Luik-Guillemins/Liege-Guillemins、Antwerpen/Anvers、S2のLeuvan/Louvain、S6のSchaarbeek行きの電車に乗ればいずれもブリュッセルに到着します。

 

アクセス方法~ハル駅から森へ~

 

平日

TEC(ワロン地方の公共交通機関)のバス114番Braine-L’Alleud行きに乗り、Vlasmarkt(9駅、約10分)で下車します。週末は運行していません。

週末・祝日

De Lijn(フランデレン地方の公共交通機関)のバス156番Lembeek行きに乗り、Lembeek Congo(約20分)で下車します。ここから森の入り口まで約20分ほど歩きます。

注意事項

114番、156番のバスは1時間に1本のみの運行です。

4月の週末に行く人は下の無料バス情報を読んでください!

 

交通規制と無料バス

 

このように公共交通機関で行くには少し不便なため、多くの人が車で向かいます。これに伴い、ブルーベルが満開になる4月の週末は交通規制があります。2017年は、41517日、2223日、2930日と51日です。417日及び51日はベルギーは祝日です。上記の期間の9時から21時まで交通規制が行われるため、パーキング238に一般車両は入ることができなくなります

この交通規制に伴い、ハルの町からの無料バスが運行されます!これは利用しない手はないですね。バスはハル駅前のバス停、及びWelkomstlaanから出発します。ココで情報をひとつ。このバスはすぐに満車になってしまい、ハル駅前のバス停からは乗れないことも。そんなときはWelkomstlaanまで歩いてください。なぜならバスの始発がこの駅だからです。バスはハルの森パーキング8で停車します。帰りのバスもパーキング8から出発します。

 

ブルーベルのシーズン

 

ブルーベルはヨーロッパ各地に生息しているヒヤシンスの一種です。ブルーベルのシーズンは4月中旬~下旬と言われていますが、天候に左右されやすく、満開時を見極めるのは難しいです。青紫の色をしており、この小さな花が一面に開花した「青のカーペット」を見に、ベルギーだけでなく各地から人が訪れます。

ブルーベルは約2週間ほどで枯れてしまうため、1年に2週間のみがシーズンどうしても満開のブルーベルが見たい!という人は公式サイトをチェックしてみてください。毎年開花状況を動画とコメントをアップしてくれています。

Bloom bluebells

*2017年は4月後半の冷え込みが厳しかったためブルーベルの満開時期が4月末にずれ込みました。

 

楽しみ方

 

ハルの森はブルーベルの季節だけでなく、年間を通じて色々な植物を楽しむことができる公園です。そのため、ハイキングできる道が用意されています。シーズン中の週末の午後はとにかく人でいっぱいになります。あまりに人がいると、幻想的な風景が台無しになってしまいますよね。

そこでオススメは、平日、もしくは週末の朝一番に行くことです。週末でも午前10時くらいまでは人がまばらでした!朝は鳥のさえずりが至る所から聞こえ、散歩するととても気持ちがいいです。

また時間に余裕がある人はお弁当やサンドイッチなどを持って軽くハイキングしてみてはいかがでしょうか。公園内にはトレイルがいっぱいありますが案内板が少ないため、入り口付近で見かけた際に写真を撮っておくと迷わないでいいですよ。

 

まとめ

 

その幻想的な色合いから妖精の花とも呼ばれているブルーベル。なかなか満開を見極めるのは難しいですが、4月下旬に旅行等でベルギーにお越しの際は行ってみることをオススメします。

最後に、歩道からそれないようにしてください!写真撮影のためなどで、花が咲いている所に足を踏み入れることはマナー違反です。先日も写真撮影のためかブルーベルを踏み荒らした人がおり、その部分には侵入禁止のテープが貼られていました。野生のブルーベルは一度踏み荒らされると二度と生えてこないのでお気をつけ下さい。

スポンサード・リンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください