トラピストビールの紹介 その2

ベルギー

トラピストビールの紹介第2段です。

前回はトラピストビールとは何か、そしてワロン地方にあるビールをお伝えしたので、今回は残るフランデレン地方、そしてその他のトラピストビールを紹介します。

最後まで読めば、あなたもトラピストビール通になれるかも?!

ベルギー、フランデレン地方のトラピストビール

Westmalle(ウェストマール)

Abdij der Trappisten van Westmalle(ウェストマール・トラピスト修道院)

住所:Antwerpsesteenweg 496 2390 Westmalle

Home
De abdij van Westmalle staat vooral bekend voor het brouwen van trappistenbier. Dat is echter maar een klein deel in het leven van de monniken.

ウェストマールはアントワープから北東に25キロほど離れた所にある修道院です。醸造所は修道院の中にあり、見学をすることはできませんが、修道院の真向かいにあるカフェで味わうことができます。シメイ同様、比較的手に入りやすいです。

銘柄:

Westmalle Dubbelは濃い赤茶色をしたアルコール度数7%のビールです。リッチな味わいの中にフルーティさ、そして最後に少し苦みを感じます。

Westmalle Tripel、アルコール度数9.5%の透明な黄金色のビールです。ソフトでクリーミーな口当たりが特徴です。1956年から同じレシピで醸造しています。

以上、2銘柄は330mlと750mlに瓶詰めされて流通しています。瓶内で2次発酵を行っているため、330mlと750mlの瓶では味が少し違うそうです。750mlのほうがフルーツのアロマがまろやかになるんだとか。一度飲み比べをしてみたいものです。

Westmalle Extraは年に2回のみ醸造しており、修道院内の特別な行事の際に提供されます。

 

Westvleteren(ウェストフレテレン)

Sint-Sixtusabdij Westvleteren(聖シクストゥス修道院)

住所:Donkerstraat 12 8640 Westvleteren

ベルギーの北西、フランスに近い場所にある修道院です。修道院、醸造所ともに公開していませんが、博物館があり、修道院のことや修道士の生活、醸造所について知ることができます。ここでは3種類のビールを醸造していますが、流通していないため「幻のビール」と呼ばれています。修道院では販売しているものの、電話予約が必須ですぐに売り切れてしまいます。そんな幻のビールですが、修道院に併設しているカフェで飲むことができます。

銘柄:

*ウェストフレンテレンは流通していないからかラベルがなく、キャップの色で見分けます。

Westvleteren blond 6はアルコール度数5.8%の黄金のビールです。飲んだ後に苦みが残ります。キャップの色は緑。

Westvleteren 8は青色キャップのアルコール度数8%のビールです。赤茶というよりは黒に近い色で、麦芽の甘みを感じます。

Westvleteren 12はアルコール度数10.2%で黄色のキャップをしており、今までに何度か”Best Beer in the World”を受賞しています。リッチでキャラメルのような味わいが特徴です。

 

Achel(アヘル)

St.-Benedictusabdij(聖ベネディクト修道院)

住所:De Kluis 1 3930 Hamont-Achel

Achelse Kluis
Website van de trappistenabdij de Achelse Kluis

ブリュッセルから100km以上北東に行ったオランダとの国境にある修道院です。驚くことに、この修道院はベルギー・オランダの国境の上にあります。そのためベルギーとオランダの両方の住所があります。ここでは1914年を最後にビールの醸造が行われていませんでしたが、1998年に再度醸造を開始しました。醸造所は見学することはできませんが、カフェやショップがあります。

銘柄:

Achel 5、アルコール度数5%でブラウンとブロンドがあり。瓶詰めしていないので、修道院内のカフェでのみ飲むことができます。

Achel 8、アルコール度数8%でブラウンとブロンドがあり。瓶詰め(330ml)されているので、こちらは流通しています。

Achel 9.5は2002年に新たに醸造を始めた銘柄です。アルコール度数9.5%と高めで、こちらもブラウンとブロンドの2種類あり。750ml瓶のみ。

ブラウン(Bruin)は色は赤褐色、砂糖を使用していないため自然なマイルドな甘みを楽しめます。2つのグラスが写っている写真の左側(男性の絵のグラス)です。

ブロンド(Blond)はクリアな黄金色のエール、とても香り豊かです。アヘルの瓶とともに写っているものがブロンドです。

 

ベルギー以外のトラピストビール

ベルギー以外にある修道院で醸造されているビールを簡単に紹介します。

La Trappe

オランダにあるKoningshoeven Abbey(コニングスホーヴェン修道院)内で醸造されているビールです。1884年から醸造しており長い歴史があります。

Zundert

La Trappeとは対照的な、2013年に醸造を開始したばかりの新しいオランダのトラピストビールです。

Tre Fontane

イタリアのローマにあるAbbazia delle Tre Fontaneという修道院で醸造されているビールです。2015年に一番新しいトラピストビールとして加わりました。

Stift Engelszell

2012年に仲間入りをしたオーストリア唯一のトラピストビールです。

Spencer

アメリカのマサチューセッツ州にあるSt.Joseph’s Abbeyで醸造されているビールです。ヨーロッパ外での初めてのトラピストビールです。

Mont des Cats

フランスのL’Abbaye du Mont des Catsのビールですが、ベルギーにあるシメイを作っている修道院にて代理醸造されています。そのため、”Authentic Trappist Product”のロゴはありませんが、トラピストビールとしては認められています。

まとめ

中世の頃から醸造されている修道院のビールには、長い歴史があります。利益に左右されないため良質な材料を使用でき、伝統的な製法を守り続けています。

近年醸造する修道院の数が増えたとはいえ、その半数がベルギーにあります。それゆえ、ベルギーを代表するビールと言っても過言ではありません。

ベルギーにお越しの際は是非お試しください!

個別に修道院や醸造所を訪れる機会があれば、またレポートするので、その際はお付き合いくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました