アメリカで体調を崩したら?体にまつわるお助け用語集




アメリカへの旅行や引越しを控えている方にとって、英語は悩みの種かもしれません。大抵は片言でも何とかなるものですが、問題なのは、体調不良やケガなどの場合。

この記事では、ドラッグストアや医療機関に行った時、自分の体のことをスムーズに説明できるよう、「身近だけれど、ちょっと厄介な症状」や「薬の種類」を中心に、アメリカでの英語表現をご紹介します。他の英語圏エリアに行かれる方も、ぜひ事前準備のご参考に!

皮膚・口周り・目もと編

旅行や引っ越し先では、体が刺激に対して過敏になったり、反対に、免疫力が落ちたりして、肌や粘膜に痛み・かゆみが出てしまうことがあります。いずれの場合も、症状が小さいうちに対策を始めると、薬や休養の効果が出やすいようです。

じんましん hives(ハイヴス)
湿疹 rash(ラッシュ)
にきび acne(アクネ)
ひどい日焼け sunburn(サンバーン)
しもやけ frostbite(フロストバイト)
口唇ヘルペス

 

cold sore(コールド・ソア)

fever blister(フィーヴァー・ブリスター)

口内炎 canker sore(キャンカー・ソア)
ものもらい sty eye(スタイ・アイ)
目の充血(充血した目) bloodshot eyes(ブラッドショット・アイズ)
蚊などの、かゆい虫刺され bug bite(バグ・バイト)
ハチなどの、痛い虫刺され insect sting(インセクト・スティング)

 

かゆい itching(イッチング)
ひりひりする・ほてっている burning(バーニング)
腫れている・むくんでいる swelling(スウェリング)

殺菌鎮痛作用のある口内炎薬。成分は、麻酔剤の「Benzocaine(ベンゾカイン)」20%、清涼感のある「Menthol(メントール)」0.25%、殺菌剤の「Benzalkonium Chloride(塩化ベンザルコニウム)」0.1%。

・アメリカで販売されている口内炎薬(oral pain relief:オーラル・ペイン・リリーフ)には、麻酔薬の成分、Benzocaineが入っているものも。痛みを和らげてくれる一方で、塗った場所の感覚が一時的に薄れるため、好みが分かれます。箱の裏面に書いてある成分表をチェックしましょう。

・「熱の花」などとも呼ばれる口唇ヘルペスは、唇の腫れやプツプツ・水ぶくれが特徴。一度ウイルスにかかると、風邪を引いた時や疲れた時に繰り返し表れて厄介です。ウイルスの増殖を抑え、症状を鎮める塗り薬(cold sore cream)が、口内炎薬、風邪薬、リップクリームなどのコーナーに置いてあります。

・じんましんには、塗り薬や、花粉症などにも使われるアレルギー薬(商品名:Zyrtec、Allegraなど)で対処を。ドラッグストアでも入手できます。

 

風邪・アレルギー編

旅行先での風邪や花粉症は、日本にいるとき以上に辛く感じられるもの。適度に症状を和らげて、体力の消耗を防ぎましょう。

発熱 fever(フィーヴァー)
寒気、震え shiver(シヴァー)
cough(コフ)
くしゃみ sneeze(スニーズ)
喉の腫れ sore throat(ソア・トロート)
頭痛 headache(ヘドエック)
鼻づまり stuffed nose(スタッフト・ノーズ)
鼻水 runny nose(ラニー・ノーズ)
涙目 runny eyes(ラニー・アイズ)

watery eyes(ウォータリー・アイズ)

目のかゆみ itchy eyes(イッチー・アイズ)
炎症 inflammation(インフラメーション)

アレルギー薬の錠剤。ラベルの上部には「Non-Drowsy(眠くならない)」という文字が。「Claritin(日本名:クラリチン)」と同様の成分が入ったもの。

別のアレルギー薬。こちらは「Zyrtec(日本名:ジルテック)」と同様の成分。

ドラッグストアでは、風邪薬コーナーの近くなどに、アレルギー薬(Allergy Relief:アラージー・リリーフ」のコーナーがあることが多いようです。

 

ケガ・筋肉痛・ねんざ編

海外への移動や荷物の持ち運びは、なかなかの重労働。ちょっとした痛みは、旅の高揚感のおかげで忘れられることもありますが…悪化しそうな場合は、早めに手当てをしましょう。

切り傷(小さいもの) cut(カット)
切り傷(深くて長いもの) gash(ガッシュ)
すり傷 scrape(スクレイプ)
打撲、あざ bruise(ブルーズ)
ねんざ、突き指 sprain(スプレイン)
筋肉痛 muscular pain(マスキュラー・ペイン)

sore muscle(ソア・マッスル)

寝違えた、首をひねった twisted neck(トウィステッド・ネック)
やけど burn(バーン)
骨折 fracture(フラクチュア)

 

ひねった twisted(トウィステッド)
折れた broken(ブロークン)
筋肉痛になっている sore(ソア)
腫れている・むくんでいる swelling(スウェリング)
膿んでいる、ジクジクしている weeping(ウィーピング)
チクチク感、刺さるような痛み prick(プリック)

 

抗菌剤入り(antibacterial)の絆創膏パッケージ。布製(fabric)で、耐久性が高い(heavy duty)タイプ。

・絆創膏などの中には、消毒薬つき(antiseptic:アンタイセプティック)の商品も。傷がなかなか治らない、ジクジクしているといった場合におすすめです。

 

薬の種類編

・痛み止めや解熱剤は、規定量を服用すると効き目が強すぎると感じられることも。気になる方は、カプセルタイプよりも、量を調節できる、錠剤・粉薬・シロップタイプのものを選びましょう。

飲み薬などの種類

錠剤 tablet(タブレット)
カプセル capsule(キャプスル)
シロップ syrup(スィラップ)
粉薬 powder(パウダー)
トローチ troche(トロウキ)
咳止めドロップ、咳止め用のど飴

 

cough drops(コフ・ドロップス)

lozenge(ラズィンジ)

解熱剤 antipyretic(アンタイパイレティック)
痛み止め painkiller(ペインキラー)
抗生物質 antibiotics(アンティバイオティックス)
スポーツドリンク、アイソトニック飲料 isotonic drink(アイソトニック・ドリンク)
経口補水液 Oral rehydration solution(オーラル・リハイドレーション・ソリューション)

のど飴(cough drops)。清涼感や消炎効果が欲しい場合は「soothing」と書かれたものを。「sore throat(喉の腫れ)」、「cough(咳)」などのキーワードにも注目。

塗り薬・貼り薬などの種類

軟膏 ointment(オイントメント)
クリーム cream(クリーム)
液体 liquid(リキッド)
目薬 eyedrops(アイドロップス)
包帯/絆創膏 bandage(バンデージ)
冷湿布 cold pack(コールド・パック)
温湿布 hot pack(ホット・パック)
鼻スプレー nasal spray(ネイザル・スプレー)
口内スプレー oral spray(オーラル・スプレー)

薬の効能・特徴

眠くならない non-drowsy(ノン・ドラウズィー)
速効性 rapid-acting(ラピッド・アクティング)

quick-acting(クイック・アクティング)

長く効く long-acting(ロング・アクティング)
長く残る/長持ちする long-lasting(ロング・ラスティング)
痛みや腫れを和らげる

 

soothing(スージング)

relieving(リリーヴィング)

抗菌 anti-bacterial(アンタイ・バクテリアル)
殺菌、消毒 antiseptic(アンタイセプティック)

 

まとめ

旅行や引っ越しは、無事に済ませられるのが一番ですが、もしものことがあった時には、ぜひ上記の表現リストをご活用ください。

なお、英語の横のカタカナ表記は、あくまでも参考です。現地で説明する場合には、実際の英語表記を相手に見せることで、より伝わりやすくなるかと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です