お土産にバリ島のジェンガラ・ケラミックはいかが?




バリ島のお土産、どんな物を購入しようかと迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

一般的には、コーヒーやバティック、アタ製品などが人気ですが、食卓をエキゾチックに彩ってくれる、「ジェンガラ・ケラミック」はいかがでしょうか?

ジェンガラ・ケラミックとは

1976年、ニュージーランドのデザイナーであるBrent Hesselyn氏と、ジャワ出身でありながらバリ島でホテル営んでいたWaworuntu一族が、ホテルで使用するための食器を作り始めたのが、ジェンガラ・ケラミックの始まりとされています。

アジアン雑貨が好きな方やバリ島のホテルに宿泊されたことがある方なら、フランジパニモチーフやバナナリーフモチーフの洒落た食器を目にされたことがあるのではないでしょうか。

バリ島では、フォーシーズンリゾートやアヤナリゾートなど、5つ星クラスの高級ホテルで使用されているジェンガラ・ケラミックのテーブルウェア。

ケラミックと言っても、バリ島発祥のジェンガラ・ケラミックはとても丈夫で、誤って落としてしまってもそうそう割れる心配のない陶器です。

そのため、重さはかなりありますが、タオルで包んでしまえば、お土産として日本に持ち帰ることも可能です。

 

ジェンガラ・ケラミックの魅力は?

どっしりした質感の陶器は、「繊細」という言葉よりも、「頑丈」という言葉がしっくりくるジェンガラ・ケラミック。

フランジパニ・コレクションバティック・コレクションピンチュック・コレクションハンマード・コレクションなど、様々なコレクションがあります。

ジェンガラ・ケラミックの魅力は、「温かさ」と「素朴さ」だと言えるかもしれません。自然をモチーフにし、100色以上もの釉薬を使って深みのある、独特の色味を作り出しています。

もちろん、バリ島有数の高級ホテルで使用されたり、ドバイやシンガポールやマレーシアの高級ホテルでも使用されたりしているため、洗練された食器であることには違いありません。

西洋と東洋のテイストをミックスさせ、洗練された食器作りを目指したジェンガラ・ケラミック社。代表作である、独特なグリーンの色合いが特徴的なバナナリーフモチーフの食器などは、食卓に「温かみ」をプラスしてくれることでしょう。

 

ジェンガラ・ケラミックはどこで購入できる?

ジェンガラ・ケラミックの本店は、ジンバランにあります。

ウルワツ通りにある本店は、食器店というよりは、陶器のコレクションが揃っている美術館かショールームのよう。こちらでは、最新作を中心に、定番のアイテムからレアアイテムまでを購入することができます。

本店以外にも、アウトレットアイテムを購入することができるお店が島内には何軒かあります。

大人のためのリゾート地として人気のサヌール、そして最近開発が進んでいるチャングーエリアにも、ジェンガラ・ケラミックを手に入れることができるお店があります。

その中でも、大型ショッピングモール「カルフール」に程近い、サンセットロード沿いにあるジェンガラ・ケラミックのアウトレット店は、掘り出しアイテムが見つかることで有名です。

 

アウトレットでお得にショッピング

安く、素敵なジェンガラ・ケラミックを手に入れようと思うなら、アウトレット店に立ち寄らない手はありません。

クタにある「ジェンガラ・ファクトリー・アウトレット」は、イマン・ボンジョール通りとサンセットロード通りの交差点の近くにあります。

スミニャック方面からングラライ空港に向けてサンセットロードを走れば、左手側に白いバックに緑色の文字で「ジェンガラ・ファクトリー・アウトレット」と記された看板を見つけることができるでしょう。

店内は、整然と食器や花瓶が並べられています。かつてテク・ウマール・バラット通りにあった、雑然としたアウトレット店を知っている方からすればきっと驚きでしょう。

 

どれくらい安いの?

アウトレット店の価格は、本店の価格よりも20%ほどディスカウントされています。ちなみに、同じ種類のアイテムでもコンディションによって値段が違うので、一つ一つ値段とアイテムの状態を確認してから購入するのがおすすめです。

やはりアウトレットアイテムだけあって、釉薬の色合いが微妙なものや、ちょっとした傷が付いてしまったものもあり、よくよくチェックしてショッピングをする必要がありそうです。

参考までに、アウトレット店でのジェンガラ・ケラミックのマグカップの価格は8万ルピアから10万ルピアほど。人気のデザインのものは、「難あり」アイテムでも価格設定が高くなっているようです。

直径30cmの大きな蓮の葉の形の素敵なお皿や、バナナリーフがモチーフの大皿は、見たところどこにも欠陥らしきものは見当たりませんでした。

これらのアウトレット価格が20万ルピア~ですから、正規品では25万ルピア~30万ルピア以上することになります。

シンガポールには正規販売店がありますが、日本では主にネット販売されているジェンガラ・ケラミック社のテーブルウェア。日本で購入すると、お皿一枚が4,000円ほどもしますから、豊富な種類のジェンガラ・ケラミックを安く購入できるバリ島でぜひ手に入れておきたいですね。

 

どんなお料理にも合う食器

ジェンガラ・ケラミックは、特徴的なモスグリーンカラーの食器がよく知られているのではないでしょうか。

深みのあるグリーンの食器は、カラフルでスパイシーなエスニック料理を彩るのにぴったりです。深めのボール皿なら、チキンカレーなどを入れてサーブしたり、色鮮やかなサラダを盛るのに丁度良いかもしれません。

そのほかにも、白い食器やブルーの食器などもあり、「このお皿にはどんなお料理が合うだろうか?」などと考えながらショッピングする楽しさがあります。

西洋の食器にアジアンテイストをうまく組み込んだジェンガラ・ケラミックの食器は、どんなお料理にも合う優秀なアイテムです。

バリ島で自分用のお土産を探している方、半永久的に使える食器を手に入れたい方、そしてバリ島のエキゾチックな雰囲気を食卓に添えたいという方なら、ジェンガラ・ケラミックのお店を一度覗いてみてはいかがでしょうか。

 

基本情報

店名:JENGGALA FACTORY OUTLET

住所:JL.Sunset Road No.1,Kuta




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です