バリの代表的なおかずってなに?ワルン・ダプール・バリ




ジャワの人々は、「バリ料理はバリエーションに欠ける」と口にします。確かに、ジャワのナシ・チャンプルとバリのナシ・チャンプルでは、ジャワのほうがおかずの種類が多いかもしれません。

ですが、バリのナシ・チャンプルだってなかなかのもの。

今回は、美味しいバリ料理を食べることができるレノンの「ダプール・バリ」をご紹介します。

ジャワのナシ・チャンプルとはひと味違うバリの味

バリのナシ・チャンプルは、現地では単にナシ・バリと呼ばれています

勘違いされる人もいらっしゃいますが、バリ島でよく見掛けるナシ・チャンプル屋が、すべてバリ料理である訳ではありません。

ナシ・チャンプル屋にはジャワ風やバリ風、そしてロンボク風などがあって、おかずの特徴もそれぞれに異なります。

 

ジャワ風ナシ・チャンプルまろやかな味付けが多いものの、辛いおかずや甘いおかずがあり、味にメリハリがあります。

一方、バリ風ナシ・チャンプルシンプルな材料から作られており、スパイシーな味付けが特徴となっています。

 

どちらも美味しいのですが、おかずの味にメリハリのあるジャワの人々からすれば、スパイシー一辺倒なバリのナシ・チャンプルは、やはりバリエーションに欠けるように思えるのかもしれません。

 

味が濃くシンプルなバリのおかず

バリ料理というと、真っ先にバビ・グリン(豚の丸焼き)ラワールなど、それに伴う豚肉料理を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし、バリ人の一般家庭では、毎日毎日バビ・グリンを作って食べている訳ではありません。

バリの人々が好んで食べるおかずを知りたいのであれば、バリ風ナシ・チャンプル屋に足を運ぶこともできますが、道端でおかずだけを売っている屋台でバリのおかずにトライしてみることができるでしょう。

どちらかといえば濃い味付けのおかずが多いバリの料理は、ご飯がすすむ料理です。

そのため、「白米がなによりも大好き!」という人が多い私たち日本人の口に合うと言えるでしょう。

 

バリ料理が食べられるダプール・バリ

昨年レノンにオープンした「ダプール・バリ」は、バリの台所という店名にふさわしくバリ料理を食べることができるレストランです。

ダプール・バリは、デンパサールのムルデカ通りに沿いに建っています。

ムルデカ通りは、コーヒーショップ「Mangsi」や若者が集うカフェ「The Alleyway Café」があるなど、最近レストランやカフェが増えてきた、デンパサールでも注目エリアです。

レノン方面からムルデカ通りに入ったのであれば、通行方向に向かって左手側にダプール・バリの建物を確認することができるでしょう。

ワルンと呼ぶには豪華すぎる店構えはセンスの良い作りになっており、昼時になると近くの会社や行政機関で働く会社員や公務員たち、そして会社経営者などのバリ人実業家たちで賑わっています。

主にバリ風ナシ・チャンプルセットがメインメニューとなっており、お好みで蒸し焼き料理のペペスや野菜のチリソース和えであるプリチンなどを追加できます。

メニューの数が少ないダプール・バリですが、「とにかくバリのおかずの味を知っておきたいという人には打ってつけのお店です。

 

おすすめはゆっくりできる二階席

ダプール・バリは2階建てのレストランで、自由に座りたい席を選んで座ることができます。

1階席は清潔ながらも普通のワルンといった感じですが、2階席は半屋外となっており、気持ちの良い風が吹き込んで爽やかな気分で食事をすることができます。

混んでいなければ、バリ島の青い空を眺めながら食事をすることができる2階席がおすすめですが、2階へあがる階段が急なので気をつける必要があるでしょう。

どっしりとした作りの木製のテーブルとイスは、見た目固そうな印象を与えますが、実際に座ってみるとなかなか居心地が良く、落ち着いて食事ができる空間を提供しています。

居心地の良い店内のおかげか、食事時に入れ替わりの激しいレストランというよりは、食後でもゆっくりしている人々の姿を見ることができます。

ダプール・バリでは、インドネシア風フルーツサラダであるルジャックがメニューに載せられているため、食後のお口直しにルジャックでも食べながら、ひと休みしてみてはいかがでしょうか。

 

見た目OK!味OK!問題は量?

ダプール・バリのナシ・チャンプルはおかずやスープまですべてセットになっているので、自分で食べたいおかずを選ぶスタイルとは異なります

ナシ・チャンプルは3万ルピア(約300円)から、そしてドリンクは1万ルピア(約100円)からあり、一人当たりの予算としては5万ルピア(約500円)も用意しておけば十分かもしれません。

注文は席に座ったままできるので、少ないメニューの中からじっくり自分の食べたいものを選びましょう。

今回はナシ・チャンプル・スペシャルナシ・チャンプル・アヤム・ブトゥトゥを注文してみましたが、一つのお皿にきれいに型押しされたご飯が盛られた見た目にも美しい料理が提供されました。

ナシ・チャンプル・スペシャルは、鶏のからあげやサンバル和えしてある蒸し鶏、甘辛い味付けのテンペやサンバルの乗ったゆで卵など、どれもご飯がすすむバリのおかずばかりです。

どのおかずも香辛料が効いていて美味しかったのですが、全体的にご飯の量もおかずの量も少なめです。

もしかすると小食の女性にはちょうど良い量なのかもしれませんが、食欲旺盛な男性であれば、2人前注文してようやくお腹を満たすことができる量だといえるでしょう。

 

美しいアロワナに癒されよう

ダプール・バリの店内1階には、アロワナが飼育されている大きな水槽があります。

生きた化石と呼ばれているアロワナは、南アメリカをはじめ、オーストラリアや東南アジアに生息している淡水の古代魚です。

金色に輝くアロワナは、恐らくスマトラ・ゴールデンかマレーシア・ゴールデンでしょう。特にアジアアロワナは人気が高く、世界でもっとも高価な観賞魚として知られています。

優雅に泳ぐ観賞魚を眺めながら食事ができるダプール・バリは、魚好きにはたまらない場所でしょう。

 

また、ダプール・バリは、ランチタイムにもディナータイムにもおすすめの、バリのおかずを堪能できるグルメスポットです。

 

基本情報

名称:ダプール・バリ

住所:Jl.MerdekaNo.15,Denpasar




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です