中華街からボヘミアンの街まで 異色のエリア13区




最大の中華街は13区にあります。中国語が並ぶエキゾチックなエリア。中華街から少し歩いたところには古き良きパリの残るボヘミアン地区、ビュット・オ・カイユがあります。どちらも地下鉄で言えば7番線のTolbiacあたりにあります。13区は多様な魅力のある街。ご紹介したいと思います。

 

観光地ではない中華街

 

日本の横浜や神戸の南京町の中華街は美味しい中華料理の食べられる観光地として人気ですね。しかしパリの中華街は観光地としての要素は全くありません。中国人の移民、その二世・三世が住む地区としての役割が強いのです。実際この地域の人口は中国やベトナムなどのアジア系で占められています。中国系のスーパーや理髪店、旅行代理店、地元民の為にあるような店がずらりと並びます。勿論中華料理のレストランもあります。しかし、在仏中国人も本当の中華が食べたいなら他のエリアの中華レストランを勧めるというぐらい、13区の中華街で美味しい中華料理が食べられるというわけではないのです。

 

中華街は迷路のよう

ではパリの中華街の面白さといえば何でしょうか。フランス人によると中華街は迷路のようだと言います。漢字の読めないフランス人にとってこの地域はエキゾチックそのもの。ここは中国なのではないかという錯覚を起こすほどです。また建物もパリでは珍しい高層アパートが多く、一度迷い込むとなかなか出て来れないのではないかと思うようなほど複雑に入り組んでいます。実際筆者も中華街に行くとここはどこかなと迷うことが多々あります。パリであってもパリでないような場所なのです。

 

中華系のスーパーが豊富

中華街には中国系のスーパーが多くあります。タンフレールなどでは、アジア系の食材を購入することができます。ニラやチンゲンサイなどアジアの野菜や日本のカレーやお酢、醤油なんかも販売されています。ただ少し気をつけていただきたいのは品質。野菜などは品質をしっかりチェックしてから購入しましょう。

 

パリで一番人気!?フォーのお店

中華街の中でもベトナム料理のレストランは大人気。ベトナムはフランスの旧植民地だったので、ベトナムからの移民が多く、フランスにはベトナム料理店が多くあります。その中でもフォー14パリで1番美味しいフォーを出すお店として、フランス人のみならず観光客にも人気のお店です。お昼時は毎日列ができるほどの盛況ぶり。実際食べたことのある筆者の感想は、出汁が美味しく、食べやすいと感じるフォーでした。またベトナム・カンボジアの麺料理ブボンもあります。サラダのような感覚で食べれるので、暑い夏などにおすすめです。

Pho14/フォー14

129 Avenue de Choisy, 75013 Paris

Metro :7番線Tolbiac

 

ボヘミアンの街、ビュットオカイユ

 

中華街からトルビアックの方へ少し歩くと、鶉の丘と呼ばれるビュットオカイユに辿り着きます。ビュットオカイユはパリの下町が体験できる場所。パリの下町と言えば、モンマルトルをイメージしますが、現在は観光地化され下町とは呼べなくなってきました。しかしビュットオカイユは小さなエリアであり、この地域は古き良きパリを体験できる街として知る人ぞ知る地域なのです。

 

根無し草のような人が集まる地域

ビュットオカイユの魅力は根無し草のような人々が集まるところと言えます。この地域にあるホテルはパリのホテルながらもあまりの安さにびっくりするほどです。例えば1ヶ月600ユーロ台と、パリのワンルームマンションと同じ値段。実際、観光客ではなく、昔のパリの映画にでてくるようなホテル住まいの人々が集まります。それ故に自由でボヘミアンな空気に満ちあふれています。どこか、1900年代のモンマルトルのような自由な下町を彷彿させる雰囲気なのです。

 

見ていて楽しいストリートアート

ビュットオカイユにはストリートアートが多く描かれています。どこかヨーロッパの漫画バンド・デシネに出てくるようななアートが多く、ユーモラスでありながらも、どこか孤独を感じさせられるストリートアートです。まるで何かが心に訴えてくるようです。また地域全体が一種の美術館のようになっています。ビュットオカイユのストリートアートは仕掛けもあって、鏡ばりの扉にアートが映るように計算されて描かれていたりします。そういった小さな仕掛けを探しながら、ストリートアートを鑑賞するのも楽しいでしょう。

 

地域に密着した地域

ビュットオカイユを歩いていて目につくのが、地元民やホテル住まいの人々がテーブルを外に出して話していたり、カフェに集まって談笑している風景です。他の地域と比べてな内と外の境界線が異様で、パリの昔の風景を彷彿とさせます。実際この地域の人たちはよく外に出て近所の人たちとおしゃべりをするのが好きなのだとか。筆者がここを訪れた時も、外に椅子を置いて話をしている人、そして通りがかりの近所の人に話をしているのを何度も見かけました。パリでは近所の付き合いというのは年々なくなっています。ここでは古き良きパリジャンのあり方も残っているようです。

 

美味しくて安いレストランやバー

ビュットオカイユには安くて美味しいレストランバーが集まっています。その中でも人気なのがChez Gladine/シェ・グラディン。バスク地方の専門のこのレストランはびっくりするほどのボリューム。銀の大皿いっぱいにバスク地方のチーズや生ハムなどを惜しみなく盛りつけています。料理もバスク地方の郷土料理のオムレツや鶏料理を食べることができます。筆者は何度かこのレストランを訪れていますが、ここでは気取らない安くて美味しいものをたらふく食べる喜びが感じられる場所なのです。下町を舞台にした映画のような世界をここでは体験することができるのです。

このレストランはあまりに人気なので、開店と同時に行かないと行列に並ばなければならないほど。並んでまで食べるのが嫌いなパリジャンも待つほどここは特別な魅力のあるレストランなのです。

 

Chez Gladine/シェ・グラディン

30 Rue des cinq Diamants, 75013 Paris

http://chezgladines-butteauxcailles.fr/en/services

Metro :7番線Tolbiac




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です