パリのマルシェ




以前フランスではスーパーに比べマルシェは高いというイメージがあり、大型スーパーで全ての食材を購入することが一般的でした。しかし、現在では、少し高くても、新鮮で美味しいものに価値を見出すようになりました。フランスではマルシェ市場で買い物をする人が増えています。そんなフランスのマルシェをご紹介します。

 

マルシェとは

 

マルシェは日本で言うところの市場のようなものです。毎日開催されているマルシェもあれば、週3日ほどしか開いていないマルシェもあります。マルシェには、八百屋、魚屋、肉屋、チーズ屋、パン屋、花屋、お惣菜屋などがあります。基本的にマルシェは朝で閉まります。

マルシェは新鮮な食材の宝庫

観光でどのフランスの都市を訪れても、マルシェは多くの人で賑わっています。なぜフランス人はマルシェで購入するのでしょうか。その理由は新鮮で美味しいから。スーパーと違い、マルシェには自信を持って選ばれた品が並びます。実際に、マルシェの中でも人気のお店は、新鮮で美味しいものをお手軽な値段で販売していています。

筆者が通うマルシェでも、生産者直々に販売する八百屋さんは、大人気。日曜日なんかは、お店の前に長い列ができています。新鮮な野菜は味が全く違います。筆者は特に人参の味の違いに驚きました。採りたての人参はとにかく甘いのです。そういう新鮮な野菜を購入できる喜びがマルシェにはあります。こうしてマルシェで購入するようになると、もうスーパーで食品を買う気にはなれません。それほどまでに、フランスではスーパーとマルシェの質には違いがあるのです。

人とのつながりを持てる場所

スーパーとは違い、マルシェで購入するようになると、マルシェの人と顔見知りになります。筆者はマルシェの中でも決まったお店で購入しています。マルシェの人も顔を覚えてくれるようになり、ちょっとした世間話もするようになりました。チーズ屋さんは筆者の小さな子どもにいつもチーズをくれたり、親切にしてもらっています。また八百屋さんで購入し、家に帰って買ったものを見てみると、二つ目をおまけしていただいてたなんてことも。こういったサービスというのは、やはりマルシェならではのことだと思います。

マルシェの利用法

そんなフランスのマルシェですが、どのように買い物をしたらいいのでしょうか。フランスでは日本の市場とは違い、量り売りが一般的。OOグラムやO個といった風に、購入するときはマルシェの店員さんに伝えましょう。またホウレンソウ等を購入するときなどは、具体的な量がわからないことがあります。そのときは、こちらがストップというので、それまで入れ続けてくださいという風に頼みます。

また魚を購入するときですが、人の手が加えられていないまま販売されていることがほとんどです。必要であれば遠慮せずに、さばいてもらうようにしましょう。

 

パリのマルシェ

パリには多くのマルシェがあります。いくつかのマルシェをタイプと共にご紹介します。

・野外マルシェ

野外マルシェは週何度かテントが並びます。パリの有名な野外マルシェは、バスティーユが有名。その他、16区には日本人がよく利用する野外マルシェでは、水菜などの日本の野菜が売られているという話も聞きます。

 

Marché Bastille/マルシェ・バスティーユ

Bd Richard Lenoir 75011 Paris

営業時間 :木曜日、日曜日,8:00~14:00

Metro :1,5 ,8号線Bastille

 

Marché Président Wilson/マルシェプレジデントウィルソン

Avenue du Président Wilson 75016 Paris

営業時間 :水曜日7:00~14:30, 土曜日7:00~15:00

Metro :9番線 Iéna, 9番線, Alma Marceau

・屋内マルシェ

屋根のついたマルシェは、建物自体も歴史的価値があることが多いのが特徴。例えば、パリですと、パリ最古のMarche des enfants rouges/マルシェデザンファンルージュが有名です。こちらのマルシェは現在はテークアウト、イートインのお店がほとんどです。

 

Marche des enfants rouges/マルシェデザンファンルージュ

Rue de Bretagne, 75003 Paris

営業時間 :火曜〜土曜日8 :00~20 :30 日曜日8 :00~17:00

Metro :9番線 Filles du Calvaire

・オーガニックのマルシェ

パリにはオーガニックの食品のみを扱う、マルシェがあります。一番有名なオーガニックのマルシェはモンパルナス近くのラスパイユ通りで開催されています。お値段は少し割高になりますが、オーガニック志向が高まりつつあるパリでは、人気のマルシェの一つとなっています。

 

Le Marché Raspail/マルシェ・ラスパイユ

Boulevard Raspail 75006 Paris

営業時間 :日曜日 朝〜14時ごろまで

Metro :12番線 Rennes

 

旅行客のマルシェの楽しみ方

 

在住者にとってマルシェは新鮮な食材を購入できる場所ですが、旅行客の方はどのようにマルシェを楽しんだら良いのでしょうか。マルシェにはお惣菜も多く販売されています。その多くは、お手製のもの。フランスの家庭料理のお惣菜が多く売られています。例えば、キャロットラペ、ハムのサラダ、ジャガイモのグラタンなど。こういったお惣菜を食べてみるのも、違った経験となっていいのではないでしょうか。

またマルシェにもよりますが、そば粉のクレープや白ワインと生牡蠣がその場でいただける露店などがでています。お昼どきに訪れて、その場で食べるのも、いいものです。マルシェは活気のある場所。観光だけでは見えてこない、フランス人の日常が身近に感じることができます。ぜひ、お昼に訪れて、フランス人たちに混じってお昼をとってみることをオススメします。

 

マルシェではお土産も購入することができます。例えば、蜂蜜など実際の生産者が販売していることがあるので、デパートでも買えないような美味しい蜂蜜が購入することができます。またフォアグラやドライフルーツなどもマルシェで販売されているので、こちらもお土産には最適。お土産探しにマルシェを見て回るのもいいでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です