ロンドンから行くワイナリー2:ダンビーズでワインを知り尽くす!




かつてはジョークとも受け止められたイギリスワインですが、近年、徐々にその知名度と人気が上がりつつあります。今回はロンドン南部からアクセスの良いサリー州にあるイギリスでも最大規模のビンヤードを誇るダンビーズを訪れます。レストラン、ギフトショップ、観光ツアー、広い整備された駐車場と設備が整っており、観光名所のボックスヒルの向かいという立地ですので、一日中有意義に楽しむことができます。

 

風光明媚なサリーヒルズ

 

vineyard

ダンビーズのあるエリアはサリーヒルズと呼ばれ、アウトスタンデイングナチュラルビューティ(特出した美しい地域)という自然保護地域に指定されています。ダンビーズの丘の向かいのボックスヒルはジョージアン時代からロンドナーが都会を離れてピクニックを楽しむ名所で、その様子は1814年刊行のジェーン・オースティンの名作「エマ」にも描かれています。また、ドーキングの街はアンティークの街としても有名です。お時間があれば、ボックスヒルやドーキングの街にも立ち寄ってみてはいかがですか?

最近では、このエリアがロンドンオリンピックの自転車ロードレースのコースに含まれたことから、毎年7月にレースが開催されるようになりました。

 

ロイヤルコネクション

 

wine cask

ビクトリア時代の著名な建築家トーマス・キュビットは1850年にこの地を買い上げ、自らが設計した邸宅を建設し、翌年にはアルバート王子が訪れています。キュビット家は1984年までこの地を所有していましたが、現在のオーナーに土地を売却。しかし、この地とロイヤルコネクションは切れず、エリザベス女王(1986年)やチャールズ王子とカミラ夫人(2011年)がダンビーズを訪れています。

 

ワイナリーとしての出発

 

1984年にダンビーズのエステートを購入したエイドリアン・ホワイトさんは、チョーク質の保水力のある肥沃な土壌と、氷河期に削られた谷がシェルターとなる上、日照時間の長いなだらかな南向きの斜面というブドウ栽培に向いたマイクロ・クライメットに着目し、ダンビーズの土地を家族経営のビンヤードとして出発。現在では265エーカーという国内最大規模のビンヤードを誇っています。2010年にはダンビーズのロゼワインが、21ヶ国360のワイナリーが参加した権威あるIWCインターナショナルワイン大会で金賞に選ばれるなど、イギリスワインを代表するワイナリーに成長しました。

 

充実した設備

 

conservatory restaurant

ダンビーズには整備された大型駐車場、大きなガラス天井から陽が差し込む開放的なコンサバトリーレストラン、美しいビンヤードの景観を楽しみつつ本格的な料理を楽しめるギャラリーレストラン、センスの良いギフトショップがあり、快適な時間を過ごすことができます。もちろん、二つのレストランのどちらでもダンビーズのワインが頂けます。

gift shop

 

トロッコでビンヤードツアー

 

tour bus

可愛いトロッコのような車両に乗ってダンビーズのビンヤードの坂を解説を聞きながら上り、頂上でサリーヒルの景観を楽しむ50分のツアー。ここはぜひ、ダンビーズの自信作である白のスパークリングを片手に景色を楽しめるツアーをどうぞ。人気のツアーなので、特に夏の週末は早々に売り切れてしまいますのでネットでの事前予約をお勧めします。

ビンヤードツアーは3月から10月の間に一日に4~5回催行され、料金は大人7ポンド、子供(18才未満)3ポンド、スパークリングワイン付きは10.5ポンドです(2017年現在)。詳しくはウエッブサイトでご確認ください。

http://www.denbies.co.uk/visit-us/outdoor-tours/

sparkling tour

 

たっぷり試飲できるワイナリーツアー

 

実際にワインを製造しているワイナリーを説明を聞きながら見学し、ダンビーズ自慢のワインを試飲するツアーで、一日に4回催行されます。料金は11.25ポンド、スパークリングワインを含む試飲は14.95ポンド、ワインに合う地場食材のおつまみ付きは16.95ポンドです(2017年現在)。18才未満のお子様は見学のみで3ポンドとなっています。

http://www.denbies.co.uk/visit-us/indoor-tours/

tasting

 

地ビールのブリュワリー見学

 

local beer

ダンビーズの敷地内にはサリーヒルズという地ビールとエールを製造しているブリュワリーもあり、こちらも見学できます。陽気なスタッフの解説と試飲3杯付きで8.5ポンド、全種類制覇したい方はたっぷり飲める12ポンドのツアーをどうぞ(2017年現在)。無論、見学せずできたてのビールだけを楽しむこともできます。お持ち帰り用は牛乳パックのような容器に入れてくれますよ。ユニークなので、お土産にも喜ばれそうですね。ブリュワリーはダンビーズのワイナリーのあるメインの建物の裏手に位置しています。詳しくはサリーヒルズのホームページをご覧ください。

http://surreyhills.co.uk/brewery-tours/

 

ダンビーズを歩いて制覇する

 

stepping stones

ダンビーズのビンヤードには合計7マイルのフットパスが整備されており、どなたでも歩いて回る事が許可されています。健脚に自信のある方は、ダンビーズのビンヤードを徒歩で登ってはいかがでしょう。ぐるりと回って約5Kmの距離です。また、モール川に設置された飛び石を渡ってボックスヒルに登るコースもあります。尚、歩行が許可されているのはフットパスのみで、それ以外の場所へは入らないようご注意ください。

ビンヤードと丘を歩くルート(約5Km)

ボックスヒルを歩くルート(約5Km)

 

ダンビーズに泊まって全てを制覇する

 

farmhouse

ビンヤードツアーにワイナリーツアー、ボックスヒルへの散歩とドーキングのアンティークショップ巡りとアトラクションの充実したダンビーズ。すべてをエンジョイしようとしたら、一日では回り切れません。そこでいっそ、ダンビーズに泊まってはいかがでしょう?ダンビーズの可愛いファームハウスはB&Bになっており、フルイングリッシュブレックファストから静寂に包まれた夜までを体験できます。

http://www.denbies.co.uk/accommodation/

 

ファームショップで新鮮野菜をお買い物

 

ダンビーズの敷地内にあるビレッジグリーンファームショップではダンビーズの農園で栽培された新鮮野菜を始め、地場で生産された様々な食材を販売しています。駐車場の向かって左手奥に入口がありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

ダンビーズへの行き方

 

surrey hills

車の場合、ダンビーズは幹線道路のM24沿いに入口がありますので、容易に見つけられます。ロンドン中心部からはA3をDorkingで降りA24に入ります。ロンドンの環状高速道路M25からはジャンクション9から降りて約10分です。

列車の場合はロンドンビクトリア駅又はウオータールー駅からDorking 駅を目指します。駅からダンビースまでは徒歩で約15分です。

 

Denbies Wine Estate

London Road, Dorking RH5 6AA

01306 876616 (ext. 0)

・クリスマス、ボクシングデー、元日を除く午前9時から午後5時半の間毎日営業(11月~3月は午後5時まで)

・ブリュワリーは月~水は午前10時から午後3時まで、木~土は午後5時まで。日曜休日。

・ファームショップは毎日午前9時半から午後5時半まで。1月と2月は月曜休日。

 

終わりに

 

denbies perspective

ロンドンの南隣、サリー州にあるワイナリー、ダンビーズをご紹介しました。美しいサリーヒルズに広がるイギリス最大規模のビンヤードをトロッコで見学するか、向かいのボックスヒルまで足を延ばすか、楽しみ方はあなた次第。いずれにせよ、充実した一日を過ごせること間違いなしです。道幅の狭いカントリーロードを通る必要もなく、車でのアクセスが良いのも魅力です。ダンビーズで素敵な休日をお過ごしください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です