ロンドン、今が旬のお洒落でヘルシーなカフェランチおすすめ4選!




ロンドンといえばフィッシュアンドチップスというのは一昔前の話で、今のロンドンはヘルシーブーム。キヌア等の雑穀、枝豆、アボカド、スプラウトなどが入ったサラダなど、ヘルシーな食材を使ったお惣菜がスーパーに並び、ヘルシーなメニューのカフェが人気となっているのです。この記事では、今話題のヘルシーでお洒落なカフェをご紹介します。

 

シャビーシックの草分け、ピーターシャムナーサリー

 

petersham shabby chic

ナーサリーという英語には「幼稚園」の他に、草木を販売する「園芸店」という意味もあります。卸された草木を売るガーデンセンターと異なり、種や苗木から育てた草木を販売するのでナーサリーと呼ばれるのですね。大通りからは見つけにくい奥まった場所にあるこの店は、2004年の開店後からその隠れ家的な立地が逆に人気を集め、セレブが密かに訪れるようになると、次第に知る人ぞ知るナーサリーになります。ガーデンで使われる風化した家具を使ったこの店のインテリアは「シャビーシック」として大きなトレンドとなりました

 

ヘルシーランチの発祥の地Teahouseでランチ

 

table in a greenhouse

ナーサリー内の温室にテーブルと椅子を並べたレストランは、ランチ営業のみにもかかわらず2011年にミシュランの星を得て世間を驚かせます。予約を取るのが至難の業となると、カフェのランチメニューを充実させてランチのニーズに答えるようになりました。イタリアンをベースに、ナーサリーらしく野菜やハーブをたっぷり使ったヘルシーランチは瞬く間に人気となり、草木の購入よりカフェ目当てのお客さんで連日賑わうようになります。

よく手入れされた花々を眺めながら、シャビーシックのテーブルや椅子で頂くランチは特別な体験です。

現在のレストランは「Petersham Nursery Caféという名前で、カフェは「Teahouseとなっています。混同しやすいのでご注意ください。

 

ピーターシャムカフェのランチメニュー

 

rice salad

カフェはセルフサービスなので、ナーサリーの一番奥にある小屋に入り、お盆を持ってカウンターで実際の料理を見ながら、サラダを数種類組み合わせたり、キッシュとサラダを組み合わせたり、自分なりのランチプレートを選べます上の写真はライスサラダ、下の写真はネトルのキッシュです。ここのコーヒーは挽きたてのコーヒーを使ったフレンチプレスで、量がたっぷり。温室や屋外の空いている席を探して頂きましょう。日本のようにセルフサービスの水が無料で提供されているのが嬉しいですね。サラダ3種盛りが12ポンド、キッシュとサラダで10ポンドです。

Image 5 nettle quiche

 

ピーターシャムナーサリーでお買い物

 

petersham shop

ピーターシャムナーサリーでは、園芸用品は元より、センスの良いギフト商品やシャビーシックなインテリアグッズから家具までが販売されており、見て歩くだけでも心豊かな時間を過ごせます。是非、時間に余裕を持って訪れてください。ご旅行中の方は、きっと格好のお土産が見つかることでしょう。

 

ピーターシャムナーサリーお店情報

 

greenhouse

住所:Petersham Nurseries, Church Lane (Off Petersham Road), Richmond, TW10 7AB

営業時間:ショップとナーサリーは9.00~17.00、日曜・休日は11.00開店、カフェは平日12.00~14.00、週末12.00~15.30、月曜定休

https://petershamnurseries.com/richmond

アクセス方法:リッチモンド橋の袂からテムズ川沿いに歩き、Petersham Meadowsという草原を横切って約15分。或いはリッチモンドからバス65(Kingston方面行)に乗りバス停The Dysartで下車。押しボタン信号で道を渡り、ピーターシャムナーサリーのロゴマークのある白い壁の手前の細い路地に入り、右手に教会を見ながら道なりに進み、突き当りを左折するとナーサリーの入口が見えてきます。

 

ピーターシャムナーサリーへ車で行くには

 

車の場合は上記同様、目印のある白い壁から路地に入ります。車一台がやっと通れる道幅ですので十分ご注意くださいね。駐車場は台数が限られているので、良く晴れた日は平日でも満車になってしまう事が多くあります。その際は、近くのRiver Laneに路上駐車できます。尚、この道のテムズ川に近い部分は、春先の満潮時に浸水する可能性があるのでお気を付けください。

River Laneにも空きがなければ、徒歩で20~25分の距離がありますが、リッチモンドパークのPembroke Lodgeの駐車場かテムズ川沿いにあるHam Houseの駐車場を利用するという裏技もあります。

 

バーンズの池の畔のOSOカフェでまったりランチ

 

oso cafe

バーンズの池の前という絶好のロケーションOSOカフェは、窓から池とグリーンが見渡せます。この建物はオールド・ソート・センターと呼ばれ、かつては郵便物の仕分け所でしたが、現在はミニシアターとギャラリーのあるコミュニテイアートセンターOSOになっています。

以前は何の変哲もないカフェでしたが、最近、付近に住む料理好きの女性3人が手作りのランチを出すようになり、バーンズの人々の間で人気となっています。まだあまり知られていない、ヘルシーランチを食べられるカフェの穴場です。

 

OSOカフェのランチメニュー

 

oso café lunch

oso lunch set

日替わり2種類のサラダとキッシュのランチセットお洒落なサンドイッチ手作りのスープとメニューの数は少ないのですが、いずれも手作りならではの細やかな気配りの感じられる絶品です。コミュニテイセンターに付属しているため、全般にコスパが良く、特にランチセットは6.5ポンドとお得です。池の白鳥や鴨の餌を1ポンドで販売しており、こちらも子供連れの家族に人気となっています。

 

OSOカフェインお店情報

 

oso café table

住所:49 Station Road, Barnes SW13 0LF

※実際にはStation Road沿いではなく、バーンズグリーンの中の池の向かいにあります。

開店時間:平日は9.00~17.00、ランチは12.00から無くなり次第終了、土曜日10.00~16.00、ランチメニューなし、日曜休日。

アクセス方法:ナショナルレイルBarnes Bridge駅より徒歩7分、地下鉄ハマースミス駅よりバス209又は284でバス停Barnes Green下車(17分)で徒歩1分。車の場合は、正午からハイストリート付近を除く多くのパーキングベイや脇道に無料で駐車できます。

http://www.osoarts.org.uk/cafe-soft-play/

 

オレンジ・ペコでヘルシーランチと紅茶を楽しむ

 

orange peko

オレンジ・ペコはバーンズとモートレークの境に位置する有名な紅茶専門カフェで、いつも多くのお客さんで賑わっています。紅茶はもちろんですが、このカフェの厳選された材料を使ったヘルシーランチもその人気の秘密です。サラダの種類が豊富で、平日はサラダバーから好みのサラダを選べます。サワードウのパンを使ったオープンサンドも人気です。ターメリックや生姜の入ったいかにも元気になりそうなフレッシュジュースも面白いですが、ここではやはりプロの淹れる紅茶を楽しみたいですね。ランチメニューはサラダバーの8.95ポンドを始め、いずれも10ポンド未満です。

orange peko lunch

 

オレンジ・ペコでアフタヌーンティー

 

紅茶の専門店ですから、もちろんアフタヌーンティーも楽しめます。サンドイッチ、スコーン、ケーキが三段のケーキスタンドでサーブされる本格的アフタヌーンティーが19.95ポンドです。カジュアルにスコーンと紅茶を楽しみたい方は8.95ポンドのクリームテイーをどうぞ。

 

オレンジ・ペコのお店情報

 

orange peko interior

住所:3 White Hart Lane, London, SW13 0PX

開店時間:7.30~17.00(平日)、9.00~17.00(週末)

http://orangepekoeteas.com/

朝食9.00~12.00、ランチは12.00~17.00、アフタヌーンティー14.00~17.00

アクセス方法:ナショナルレイルBarnes Bridge駅より徒歩4分、少し遠回りになりますが、お天気が良ければテムズ川沿いの遊歩道をパブThe White Hartまで歩くルートをお勧めします。地下鉄Hammersmith駅よりバス209又は419に乗りバス停White Hart Laneで下車してすぐ。ランドアバウトに面しており歩道にテーブルが出ているのですぐ見つかります。車の場合は11時以降であればパーキングベイや周辺の脇道に無料で駐車できます。

 

ビーガンもそうでない人もウエルカムなLu-maカフェ

 

lu-ma cafe

賑やかなウインブルドンの駅からほんの5分歩いた静かで小さなホテルの1階 にある、LucyとMaria母娘が切り盛りする「コンシャス・イーティング」をテーマとするカフェです。乳製品や精製糖を使用せず、野菜や果物、雑穀や豆類を多用したヘルシーな食生活を提案しています。

 

Lu-maカフェのランチメニュー

 

fishcake

人気ランチメニューの「スーパーフード・サラダボール」はキヌアやカボチャの種、ひじきの入ったビーガンサラダですが、お好みでサーモンやチキンを加える事もできます。ビーガンとそうでない人が一緒にランチを楽しめるアイデアが良いですね。味噌汁もこのカフェの名物のひとつです。写真はサーモンのフィッシュケーキで、手作りのタルタルソースが添えられています。テーブルの上には海藻のふりかけがありました。

デザート類はメイプルシロップや米シロップといったナチュラルな甘味料を使い、グルテンフリーに対応しています。抹茶を使ったドリンクも色々な種類がありますよ。

 

Lu-ma カフェ・お店情報

 

住所:the Justin James Hotel, 43 Worple Road, Wimbledon, SW19 4JZ

開店時間:7.00~16.30

https://www.lu-ma.co.uk/

アクセス方法:地下鉄・ナショナルレイル・トラムWimbledon駅から徒歩5分

車の場合はホテルの9台分の駐車場に空きがあれば無料で駐車できますが、ない場合は、一つ隣の道のSt George’s Roadにある公営の有料駐車場が便利です。

 

終わりに

 

oso counter

今、イギリスで旬のヘルシーランチを頂けるお洒落なカフェ4店舗をご紹介しました。いずれも野菜たっぷりでヘルシーな上に美味しいメニューばかりで、イギリスの食事は美味しくないという先入観を払拭させること間違いなしの料理ばかりです。ちょっと不健康な食事が続いてしまったかなと思ったら、ヘルシーランチで体をリセットしましょう!(記載した価格は全て2017年現在のものです。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です