カナダのスターバックス活用法徹底解説!




日本でもたくさんの店舗が展開されており期間限定のメニューが季節ごとに話題になっているスターバックス・コーヒー。カナダのあらゆるところでは、カナダ発でカナディアンから絶大な支持を誇るチェーンカフェであるティム・ホートンズとお隣のアメリカ発祥のスターバックスが競い合うように店舗が展開されています。バンクーバーでは「ダウンタウンのあらゆる交差点にスターバックスがある。」と言われるほどの店舗数!さすがにそこまで密集して店舗展開がされているわけではないですが、実際に同じ交差点に道路を挟んで2つのスターバックスがあるなんてこともあるほどたくさんのスターバックスがここバンクーバーにはあるんです。そんなバンクーバーで生活するほとんどの人が一度はお世話になったことがあるであろうスターバックス。今回はそのスターバックスを様々な視点から活用する方法をご紹介します!

スターバックス・カードはとってもお得!

まず、スターバックスを有効活用するために欠かせないと言っても過言ではないのが「スターバックス・カード」!カナダのスターバックスのレジに並んでいるのを見かけたことがあるのではないでしょうか?一見、誰かにプレゼントするための商品券・ギフトカードかな?と思ってしまうこのカード。実はこのスタバカード持っていることでさまざまな便利でお得なサービスを受けることができるんです。

2016年夏頃に購入したスターバックスカード。”THE CLASS OF 2016”という文面は、このカードのデザインが2016年夏に卒業する学生向けのものだから。イベントや季節、ご当地限定などさまざまなデザインがあるんです。同じ時期や地域でもそれぞれの店舗でかなりデザインのラインナップが異なっているので、お気に入りのデザインを探して見てくださいね。

まずこのスタバカードの一番基本的な機能は、ICカード・電子マネーのようにチャージすることによってキャッシュフリーでスタバでの買い物ができるというもの。カードと連携するスターバックスのアプリで残金をサッと確認ができますし、アプリ上で表示できるカードと同じバーコードをレジで提示してのお会計も可能です。もちろん店頭でチャージすることもできますし、スターバックスアプリ上でクレジットカードやデビットカード、アップルペイやペイパルなどの電子マネーを使ってチャージすることができます。レジでのお会計がさらにスマートに出来る上に、チャージまでレジで手を煩わせることなく自分の好きな時間にすることができます。それでも「チャージが面倒くさい!」という方に便利な自動チャージ(Auto-Reload)という機能もあるんです。支払い情報を登録しAuto-Reload機能をONにすると残金が少なくなると自動的にチャージがされるというもの。知らずのうちに使いすぎてしまうことが怖いですが、よくスターバックスを利用していて常にチャージしてあると便利!という方には嬉しい機能かもしれませんね。

まず、カナダでスターバックスは会社自体、また店舗の運営に関してかなり高い信頼を得ているのです。ここバンクーバーでビジネスを教える先生から聞いた話によると、数々の会社を経営する方が娘たちに「将来にやりたいことが決まっていればそのことに関連するアルバイトをするのが理想だけど、将来なにをするのか決まっていなくてどこでアルバイトするか迷うならスターバックスにしなさい。スターバックスのマネジメントは実店舗でも本社勤務でも必ず今後に役立つものを学べるから。」と教えたそうです。確かに世界各地に展開しているのは経営、それに各店舗が上手に機能しているからこそですよね。日本でも、「あのファミリーレストラン・ファーストフード店はマニュアルがしっかりしているから、今後にも役に立つよ。」なんてことを耳にする学生さんは多いのでは?それと同じように、スターバックスでは多くのことが学べるんだそうです。

 

また、スターバックスでお買い物をしていると気がつくのがその多国籍さ!文化の多様性に富んだインターナショナルな職場環境を求めているかたにはピッタリ。どこの店舗に行っても店員さん同士の仲がとっても良さそう。カナダでインターナショナルな人脈が欲しいのであればぜひチャレンジしたい、やりがいのあるお仕事ですよね!また、留学生やワーホリの方に嬉しいのがスターバックス側が保険を提供してくれるということ!BC州のMSPなど政府からの健康保険では適用されない歯科保険もカバーしてくれるということでかなりのアドバンテージになりますよ。アルバイト等の応募はスターバックスのホームページですることができます。カナダでアルバイトを探している方はぜひスターバックスをチェックしてみてくださいね!

 

カナダで生活していると必ずお世話になるであろうスターバックス。お得に利用してさらにエンジョイしちゃいましょう!さらに、スターバックスのスタッフとして活躍するのもまた素敵な経験になりそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です